TOP > スポンサー広告 > 北谷ピリ辛冷やしそば@北谷食堂TOP > ラーメン > 北谷ピリ辛冷やしそば@北谷食堂

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北谷ピリ辛冷やしそば@北谷食堂

北谷食堂と書いて「ちゃたんしょくどう」と読む。沖縄料理の店なので、沖縄県中頭郡北谷町(ちゃたんちょう)の地名から取ったのだろう。夜には沖縄民謡のライブを上演することもあるらしい。

080707北谷食堂


ランチは、沖縄そばが中心のメニュー。ゴーヤチャンプルやカレーのミニ丼がつくセットメニューもある。
「期間限定」の「北谷ピリ辛冷やしそば700円」を頼んでみた。

080707北谷ピリ辛冷やしそば700円@北谷食堂


丼で供されたのは意外だったが、蒸し鶏、キュウリ、紅生姜と“冷やし中華”の定番付け合わせが載っている。ゴーヤーとパイナップル(写真では卵焼きっぽく見えるが、生のパイナップル!)、海ブドウ、大きなかち割り氷が“北谷風”ということだろう。麺は当然のことながら、沖縄そば。

多めの沖縄そばの下には、普通の冷やし中華と同様の甘くて酸っぱいタレが入っていた。全体を混ぜ混ぜして食べる。

“ピリ辛”という名前の割にはあまり辛くない。そして、冷やし中華にパイナップルは「あり」なんだというのが新鮮な驚きだった。酢豚に入っているパイナップルよりも違和感がないのは、これが冷たい料理だからだろう。酢豚に入っている温かいパイナップルは、頭ではわかっていても食べるたびに唇と舌がちょっと驚く。それが料理としての面白さなのかもしれないが、冷やし中華にパイナップルは全然「あり」ですよ。

タレが普通の冷やし中華と変わらない味付けなので、沖縄料理風を期待するとちょっとだけがっかりだが、冷やし中華としては充分なおいしさだった。


北谷食堂 妻恋坂店
東京都千代田区外神田6-3-5

地図NAVITIME

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/51-6a9325e0

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。