TOP > スポンサー広告 > らーめん@らーめん大TOP > ラーメン > らーめん@らーめん大

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん@らーめん大

JR蕨駅東口を出て線路沿いに300メートルほど行ったところにある「ラーメン大 蕨店」へ。

らーめん大蕨店

店頭の看板には「ニンニク入れますか?」という挑発的なフレーズが書かれているけど、仕事中なので残念ながらニンニクはNGだ。

店内の自動券売機で、「らーめん(600円)」「豚(ちゃーしゅー)120円」のボタンを押すと、紺色と黄色のプラスチック板が出てきた。これが食券というかトークンなんだね。

12席ほどのカウンター席にお客は6名。雨のせいか12時半過ぎなのに客足は鈍いようだ。
空いている席に座って、トークンをカウンターの一段高いところに置くと、すぐに調理が始まった。

しばらくすると、どんぶりにスープが注がれた。茹で上がった麺をどんぶりに入れ、さらにスープを注いだところで「ラーメン、チャーシュー入りの方?」と尋ねられた。

この店は、ラーメン二郎リスペクトしたというかインスパイヤーされたというか、パクったラーメンで、「野菜・ニンニク・脂(背脂)・スープ濃いめ」を無料で追加注文できる店なのだ。

野菜多めで」とお願いする。と、すぐに料理ができあがった。

らーめん@らーめん大蕨店

大量の野菜(ほとんどがモヤシだけど)が富士山型に山盛りにされたどんぶりが登場。ドーン!

あまりに大量なので、ちょっとたじろぐ。

崩壊しそうなほど盛り上げられた野菜(ほとんどがモヤシだけど)で、麺はおろかチャーシューもスープも見えない。

山が崩れないように注意しながら、モヤシを食べて続ける。一掴みほどのモヤシを食べたところで、ようやくチャーシューが現れた。

チャーシューも先日食べたラーメン二郎と同じ固く煮上げた豚肉。

麺は、少し茶色がかった極太の縮れ麺だった。ボキボキとした食感が楽しい。

スープは、背脂がたっぷりと浮いた濃厚な豚骨スープで味付けもかなりしょっぱい。これは飲むスープというよりも、つけ麺のつけ汁のようなものだ。

麺とチャーシューを間に食べながら、モヤシをひたすら食べ続けてようやく食べ終わった。

それでもまだ背脂の浮いているスープを飲むと、やはりかなりしょっぱくて、到底飲み干せるような味ではなかった。


◆希望支払い金額:720円(味はともかく、モヤシの量がものすごい)
◆費用対効果度:100%(720円/720円)

らーめん大 蕨店
埼玉県川口市芝新町2-1



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/516-5ff85e43

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。