TOP > スポンサー広告 > 『東京ひとり散歩』池内紀(中公新書 2023)TOP > 新書 > 『東京ひとり散歩』池内紀(中公新書 2023)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京ひとり散歩』池内紀(中公新書 2023)

東京ひとり散歩


『東京ひとり散歩』池内紀(中公新書 2023)


私は「散歩」ができない。ゆっくり歩くのが苦手だからだ。

散歩のつもりで歩き始めてもいつの間にか早足になってしまい、汗を流しながら歩くことになるので、たとえ目的地を決めずに歩き出しても、とうてい散歩とは呼べないことになる。

本書は、東京各地を著者が散歩した記録。帯に「ふらふら、うろうろ、のんびり、にっこり」とあるように、街を観察しながら、とはいえ深く調べたりせずに興味の赴くままに散歩した結果である。

ただし、店頭の看板やビルの入居会社名などを詳細に書いているので、しばらく立ち止まってメモをしているようだ。著者は、長いカタカナの社名が好きではないらしい。

訪れているのは、兜町や紀尾井町といった著者に縁のなかった場所から、浅草や両国といった下町から銀座や八重洲地下街、神田神保町など、著者の馴染みの場所までさまざま。上野や新宿、渋谷、六本木といったメジャーな盛り場は散歩しないらしい。

いつか著者のようにのんびりゆっくり歩くことができるようになるのだろうか。なりたいと思っているわけではないけど。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/519-af42aa2d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。