TOP > スポンサー広告 > 味玉煮干ラーメン@ラーメン凪 新宿店TOP > ラーメン > 味玉煮干ラーメン@ラーメン凪 新宿店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味玉煮干ラーメン@ラーメン凪 新宿店

最近煮干しでスープをとったラーメンが話題になっている。新宿ゴールデン街にも「特級煮干スープ」と銘打った「ラーメン凪 新宿店」がオープンしている。「煮干が嫌いな方 ご遠慮ください」と書かれた行灯看板が1階入り口横に置いてあった。

ラーメン凪nagi01

実はこの店には2か月ほど前に入店しようとしたことがある。券売機でチケットを購入しようとしたら、1万円札が使えなかったので両替をお願いしたところ、たった1人で調理していたスタッフに「忙しいので、いまは両替はできません」と断られて、入店を見合わせたのだ。

1000円札しか使えない券売機を置きながら両替できないなんてまるで1000円床屋みたいだけど、両替しないのがポリシーなのではなく、たまたま忙しいから両替拒否という殿様商売なのだった。

今回もたまたま1万円札しかなかったけどチャレンジしてみることに。狭い階段を上って、以前はバーだった2階の店に入ると、10席ほどのカウンターはお客で埋まっていた。

2人が働いていたためか、今回は無事に両替してもらえたので、「味玉煮干ラーメン(850円)」のチケットを購入し、空いているカウンター席に座る。10席ほどの狭い店だけど、後ろを誰かが通るたびに背中をズリズリされるほど、本当に狭い。

5分ほどで料理が登場。

味玉拉麺@凪新宿ゴールデン街店

味玉の下に幅広の物体があってとても気になる。ワンタンではないはずだけど何だろうと考えながら、レンゲでスープを飲むと、煮干しの苦みが舌を刺激する。

加水率40%だという極太縮れ麺はコシがなくてフワフワ。それにしても、幅7~8センチのきしめんのような麺が一番上に載っている理由がわからない。ワンタンのようにツルツルして食感が楽しいわけでもないし、コシがあって食べ応えがあるわけでもない。

特濃煮干しスープはしつこくなくて美味しいけど、やっぱり苦みが舌に残る。

チャーシューは表面を炙っているらしく囓るたびに香ばしい香りがする。

全体的に不味くはないけど、それだけの味だった。

◆希望支払金額:850円(特濃煮干スープがちょっと苦い)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

ラーメン凪 新宿店
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/557-c7b37ddc

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。