TOP > スポンサー広告 > 大海老天丼@玄菜別邸 → 閉店TOP > 丼物 > 大海老天丼@玄菜別邸 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大海老天丼@玄菜別邸 → 閉店

歌舞伎町一番街に海老通りが突き当たる角のビルにある「板前料理 玄菜別邸」へ。

玄菜別邸

「1」と「4」のボタンしかないエレベーターに乗る。

CA3A0393.jpg

前回と同じように店内にお客は誰もいなかった。

厨房では、50代の板長を筆頭に30代と20代の調理人が仕込みの最中だった。カウンター席に案内され、「大海老天丼(1000円)」を注文。

すぐに20代の青年は、漬け物とサラダを用意し、30代の調理人が天丼を作り始めた。

6~7分で料理が登場。

大海老天丼1000円@玄菜別邸

「大海老」と呼ぶにはちょっと小さいけど、尾っぽの大きさからわかるように一般的な天丼の海老よりも充分に大きくてプリプリの歯応え。サツマイモとナス、春菊の天ぷらはとても美味しかった。タレはかなり薄味。一般的な天丼の茶色のタレを期待していると、拍子抜けするかも。

びっくりしたのは小鉢の自家製豆腐。陶器のスプーンを当てると、プルプルと震えた。口に入れた瞬間、泡雪のように喉の奥に消えていった。こんな淡い豆腐は食べたことがない。わずかなダシ醤油とおろし生姜でいただいた。


◆希望支払金額:1000円(天丼も美味しいけど、豆腐にびっくり)
◆費用対効果度:100%(1000円/1000円)

板前料理 玄菜別邸 ※2010年8月20日で閉店しました。
東京都新宿区歌舞伎町1-23-10 シャトレビル4F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/566-421977d6

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。