TOP > スポンサー広告 > 中華そば+わさびめし@中華そば わさびTOP > ラーメン > 中華そば+わさびめし@中華そば わさび

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そば+わさびめし@中華そば わさび

「くんたまらーめん」でかつては一世を風靡した「らーめん 竈 新宿本店」が閉店した。その後にできた「中華そば わさび」へ。この店は、新宿ハローワークの並びにあって職安通りに面している。

中華そばわさび

「麺大盛り無料」と書かれた手書きの文字が目を惹く。「竈」は店内が全く見えなかったけど、今度の店は表の引き戸を開けっ放ししているので、店内がよく見える。

12時過ぎの店内は、15席のカウンターがお客で埋まっていた。券売機で「中華そば(650円)+ライスセット(250円)」のチケットを購入。ライスセットは、「わさびめし・豚生姜めし・麻婆茄子めし」の3種から選ぶようになっている。

空いていた席に座ってチケットを店員に渡すと、「麺は1玉と2玉から選べますがどうしますか」と言われる。「大盛り無料」ではなくて「麺2玉までOK」ということらしい。蕎麦やラーメンの大盛りは、一般的には麺2倍ではなく、麺1.5倍くらいだから、かなりの大盛りということになる。

厨房を観察すると、4人がかりでラーメンを仕上げていた。麺茹で係(店長?)、スープを注ぐ係、メンマと水菜を載せる係、チャーシューを載せてお客に運ぶ係と1杯のラーメンを作るのに4人の手を経なければならないことになっていた。ちょっと分業のしすぎじゃないか。どんぶり1つに4人の男たちが群がっているのは、著しく滑稽な光景だった。

5分ほどで中華そばが登場。

中華そば650円@中華そばわさび

底が細くなった円錐形のどんぶりは、小さなソーサーに載っていた。分厚いチャーシュー、1.5センチ角長さ10センチほどのメンマ、水菜、海苔、そしてなぜか油揚げが載っている。

スープは、動物系のスープに魚介のスープを合わせたものだろう。苦みはないけど雑味があるので、鰹節だけではなく煮干しも使っているのかもしれない。トロミがあって濃厚な味で美味しい。

麺は中太のストレート麺。コシはなく、加水率が低いためかポキポキとした食感。麺を茹でる前に打ち粉をちゃんと落とさなかったか、ゆで汁が少なくて麺から落ちた打ち粉が溶け出したためか、麺の表面がヌルヌルする。

わさびめし@中華そばわさび

刻みネギと海苔、削り節を載せたご飯に、おろしわさびにだし醤油を加えた物をかけて食べるようになっている。

だし醤油をかけてから撮った写真なのでわかりにくいけど、この店の「おろしわさび」は白かった。店名にもなっている「名物 わさびめし」のわさびはホースラディッシュなのだった!

麺2玉+ご飯では、さすがに多すぎた。でも、いつものように残さず食べたのでお腹はパンパン。


◆希望支払金額:900円(スープは美味しい。でも麺はイマイチ)
◆費用対効果度:100%(900円/900円)

中華そば わさび
東京都新宿区歌舞伎町2-46-7



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/569-a9b48560

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。