TOP > スポンサー広告 > ゲーン・キヤオワーン@バンコク(タイ)TOP > 海外 > ゲーン・キヤオワーン@バンコク(タイ)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーン・キヤオワーン@バンコク(タイ)

再びバンコクのスクムビット大通りから少し入ったところにある大屋根のある屋台村へ。

03-1屋台村03-バンコク

欧米人の老人が、昨日と同じ服装、同じ席で昼食を食べていた。暑くて朦朧としているので、デジャブに襲われちょっとドキドキした。

屋根の下だから灼熱は避けられるけど、昼過ぎだから広い店内を熱風が吹き抜ける。

グリーン・カレーと呼ばれることもある「ゲーン・キヤオワーン(約200円)」を注文。

5分ほどで料理が登場。

03-2ゲーンキヤオワーン

この料理には、皮が厚くて歯応えのあるマクアポッという黄緑色でピンポン球みたいな丸ナスと、ちょっと苦みのあるマクアプアンというグリーンピースのような小さなナスが入っている。2つとも日本ではタイ料理店以外では食べられない変わったナス。特にマクアプアンは、味も歯応えもとてもナスの1種とは思えない。

ココナツミルクの甘さと唐辛子の辛さ、ナンプラーの旨味、ナスの青臭さ、そしてバイ・ホラバー(バジル)とバイ・マックルー(コブミカンの葉)の香りが癖になる味だ。日本で食べるゲーン・キヤオワーンと違って、それぞれの味が刺々しく刺激的。強烈な日差しのこの国にふさわしく、ちょっとワイルドな味付けになっている。

優しい味よりも強烈な味付けの料理が多いバンコク(タイ)



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/575-0795d46d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。