TOP > スポンサー広告 > きじ焼重@鳥やき 川中島TOP > 丼物 > きじ焼重@鳥やき 川中島

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きじ焼重@鳥やき 川中島

この10年ほど、東京は東南アジア並みの暑い夏になっている。
こうした日には、食欲がないから冷たいそうめんをツルツル、それとも分厚いステーキでスタミナを付けるか。私はどちらかというと、スタミナを付けたいタイプ。だから夏痩せではなく、夏太りする……。

肌がヒリヒリするような日差しを受けながら、地下鉄湯島駅6番出口すぐ横の鳥料理を出す店へ。
カウンター横のレジで「きじ焼重(750円)」を頼むと赤い小判型のプラスチック板を渡される。1階のカウンター席が満席だったので2階へ。

080716鳥やき川中島

実は入店の時に気づかなかったのだが、小判型プラスチック板で「もしや……」と思った通り、この店は「カジュアル割烹 川中島]」に関係する店だった。その名も「鳥やき 川中島」。なぜ、焼き鳥でも鶏焼きでもなく「鳥やき」なのか、川中島グループの日本語遣いには疑問がいっぱいだ。

2階は、階段横に4人が座れる小上がり、奥に4人掛けのテーブルが5つ。中年女性店員が1人で配膳をしていた。

他の客は、親子丼や唐揚げ定食を注文している人が多いようだった。待つこと10分弱できじ焼重が登場。

080716きじ焼重750円@鳥やき川中島

焼き鳥だけが並んでいる物を想像していたら、卵焼きや鶏肉そぼろなどが載った料理だった。
胸肉を丁寧に塩焼きした「きじ焼」は、皮はパリパリ、肉はふっくらして程よい焼き具合。そぼろも薄味で美味しい。さらにだし巻き卵はほんのり甘くて絶妙の味付け。ごはんに焼き鳥のタレがかかっているが、これも塩味がちょうどよい加減で上に載った海苔の香りがいいアクセントになっている。自家製ではないだろうが、大根の味噌漬けもなんだか懐かしい味でよかった。

大変満足で幸せな気分になった昼食。

この店が本当に「カジュアル割烹」の系列店なのだろうか?


鳥やき 川中島
東京都台東区上野1-6-4

地図NAVITIME

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/60-f7411034

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。