TOP > スポンサー広告 > (特)うな重+キモ焼き@うな丸 → 閉店TOP > > (特)うな重+キモ焼き@うな丸 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(特)うな重+キモ焼き@うな丸 → 閉店

新宿西口の思い出横丁の入り口にある「うな丸」へ。特に理由はないけど、身体が「精をつけたい」とウナギを欲しているようだ。精をつけたからといって、どうなるものでもないけど。まあ、風邪予防ということにしておこう。

うな丸201002

カウンターに座って「(特)うな重(1200円)+きも焼き(400円)」を注文すると、70代のオヤジはニコリともせずにサラマンダー(業務用魚焼き器)でウナギとキモを焼き始めた。青年が薄く黄色い色がついているだけで何の味もしないお茶と、タクワンを出してくれた。

7~8分でまずうな重が供され、すぐにキモ焼きも供された。

特上うな重+きも焼き1600円@

カウンターに置いてある小袋を取り、ウナギを持ち上げてサンショウ粉をご飯の上にかける。こうした方がサンショウの香りが立って美味しいとテレビで誰かが言っていたのを試してみた。ウナギはそれほど厚みはないけど柔らかくて、箸で持ち上げると千切れそうになる。

やはり、サンショウ粉はウナギの上ではなくご飯の上にかけた方が香りが立つようだ。

キモ焼きには七味唐辛子をかけて食べたけど、生臭さはほとんどない。1串に何匹分のキモを刺してあるのだろうと数えたけどよくわからなかった。4~5匹分だろうか。滋養たっぷりで元気が出そうな気がする。

この店ではキモをキモ焼として商品化しているためか、お吸い物は肝吸いではなくて竹輪の薄いスライスがお椀の底に沈んでいる。


◆希望支払金額:1600円(670円の並うな丼とキモ焼きで十分かも)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

うな丸 ※2011年5月28日で閉店したそうです。
東京都新宿区西新宿1-2-8



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/635-22e48e87

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。