TOP > スポンサー広告 > スンドゥブチゲ@オムニ食堂本店TOP > 韓国料理 > スンドゥブチゲ@オムニ食堂本店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スンドゥブチゲ@オムニ食堂本店

松屋で中途半端なスンドゥブチゲ(スン豆腐チゲセット)を食べたので、本格的な料理を食べるため、新宿・職安通りの「オムニ食堂本店」へ。コリアン・タウンと化した職安通りでも、この店は古くからあるので安心できるだろう。

「オムニ食堂」には支店があるわけでもなく、チェーン展開しているわけでもないのに「本店」を名乗っている。近くに偽物のオムニ食堂が現れたためだ。メニューやショップカードにわざわざ「ご注意」として、その旨が書かれていた。「オムニ(お母さんの意)」も「食堂」も一般名詞だから登録商標にするのは難しかったのだろうし、他店がこの2つの言葉を組み合わせて使うことを禁止することはできなかったのだろう。

オムニ食堂本店

90席あるという店内は、3~4割程度の入り。「スンドゥブチゲ(750円)」を注文し、テーブルのピッチャーから水をコップに入れて飲んでいると、オカズが運ばれてきた。

カクテキ・タケノコとタマネギの炒め物・コンニャクとニンジンの炒め物・そして白菜キムチに見えたのは、ジャガイモとさつま揚げの甘辛煮だった。

7~8分ほどで料理が登場。

スンドゥブチゲ750円@オムニ食堂本店

土鍋のなかでスープはグツグツと激しく沸騰していた。絹ごし豆腐ではなく、本物のスンドゥブを使っているらしく、口に入れると一瞬で溶けるように崩れる。ちゃんとアサリも入っているし、生卵を崩すとスンドゥブとからみ合って美味しい。

ちゃんとした料理でとても満足。


◆希望支払金額:750円(ちょっと辛いけど文句なく美味しい)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

韓国家庭料理・焼肉 オムニ食堂本店
東京都歌舞伎町2-42-13 東広ビル1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/637-ac7bb814

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。