TOP > スポンサー広告 > ハーフアンドハーフ(オムライスとオムカレー)@キッチンHANATOP > 洋食 > ハーフアンドハーフ(オムライスとオムカレー)@キッチンHANA

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフアンドハーフ(オムライスとオムカレー)@キッチンHANA

【新宿ワンコインランチ・500円】(その10)

西武新宿駅から職安通り方面に向かい、カプセルホテルのグリーンプラザ新宿を過ぎて100メートルほど。若手お笑い芸人がライブをやっている新宿永谷ホールの前を通りかかると、ワンコインランチの立て看板(黒板)があった。

看板@キッチンHANA

ハーフアンドハーフは、オムライスとオムカレーが半々になっているらしい。以前はこんな立て看を見かけなかったので、最近、ランチを始めたのだろう。それにしても、店名がどこにも書かれていないのが気になる。

キッチンHANA

地下は薄暗く1店舗だけ扉が開いていた。ドアの上の照明に「キッチンHANA」と書いてあった。

店内に入るとカウンター7席と4人がけのテーブル席だけの「小さなスナック風」だった。店主らしい60代の女性がカウンター内に立っていて、同じく60代の女性3人のお客が座っていた。カラオケ機が置かれ、壁には「100点 おめでとう!」と書かれた紙が数枚貼られていた。この店はやはりキッチンではなく「スナック」だ。

この日はランチは1種類だけだった(その後、豚しょうが焼きがメニューに加わることもある)ので、注文するまでもなく「ハーフアンドハーフ(オムライスとオムカレー)500円」」。

女店主はすぐに卵2個を溶いてオムライスの皮を作り始めた。

3~4分で料理が登場。

ハーフアンドハーフ500円@キッチンHANA

カレーは業務用だろうか。タマネギが溶けるまで煮込まれていて、豚肉もしっかり煮込まれている。オムライスのソースは、煮込んだトマトにニンニクが入っていたけど、かなり酸っぱい。でも美味しい。卵焼きは少しだけ固め。

中身のご飯は炒め立てではなかったから、チキンライスではなくトマトソース(ケチャップ?)で軽く炒めたご飯は少しぬるかった。


◆希望支払金額:600円(ご飯は残念だけど、美味しいオムライス)
◆費用対効果度:120%(600円/500円)

キッチンHANA
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5 新宿永谷ビル地下1階



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/666-9f03ee12

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。