TOP > スポンサー広告 > 明洞ラーメン@明洞(みょんどん)のり巻TOP > 韓国料理 > 明洞ラーメン@明洞(みょんどん)のり巻

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明洞ラーメン@明洞(みょんどん)のり巻

【新宿ワンコインランチ・500円】(その26)


新宿・職安通りにある量販店「ドン.キホーテ」の並びにある「韓国風 明洞のり巻 職安通り店」へ。明洞(みょんどん)は、韓国ソウル市の歌舞伎町とも池袋とも、アメ横とも言われる繁華街の名前。歌舞伎町のり巻、池袋のり巻、アメ横のり巻、のいずれもあまり美味しそうではないなあ。

明洞のり巻き201003

この店はいつもお客で賑わっている。店内で飛び交っている言葉は韓国語ばかりだった。つまり、この近辺に住んでいたり、この辺りで働いている、あるいはたまたま大久保に来た韓国人がお気に入りの店ということらしい。店名はキムパフ(韓国のり巻)だけど、もちろんキムパフ以外の料理が大半だ。

「明洞ラーメン(500円)」を注文。すると、しばらくして大好きなカクテキが供された。スーパーで買ったらこれだけで200円ほどはしそうなたっぷりの量で嬉しい。

5分ぐらいして厨房から卵を溶くシャカシャカという音が聞こえてからしばらくして、料理が登場。

明洞ラーメン500円@明洞のり巻き

予想どおりというか案の定、インスタントラーメンだった。韓国では飲食店でインスタントラーメンが出されるのが普通。そのラーメンがそのまま大久保のコリアン・タウンに持ち込まれたものだった。

麺は、インスタントだけどかなり太麺の縮れ麺だった。2種類の練り物が入っていた。1つは厚さ1センチほどのさつま揚げのようなもの。もう1つは厚さ3ミリ程度でさつま揚げよりも柔らかい触感。そして、麺と練り物が卵とじになっていた。

大好きなカクテキは、わずかだけど酸味もあってザクザクの歯ごたえが楽しい。

世界ラーメン協会の調査によると(『日本の食欲、世界で第何位?』岡崎大五)、韓国人が1年間に食べるインスタントラーメンは68.9個で、堂々の世界第1位。第2位はインドネシア60.1個、マレーシア45.5個、ベトナム45.3個に続いて、日本は第5位の39.8個。韓国の半分程度しか食べていないことになる。

インスタントラーメンの話だけど。


◆希望支払金額:500円(インスタントラーメンだもの500円で当然)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)

韓国風 明洞のり巻 職安通り店
東京都新宿区大久保1-12-3 カーサ第二新宿ビル1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/696-0bd068ef

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。