TOP > スポンサー広告 > ざる大+とり天@楽釜製麺所TOP > うどん > ざる大+とり天@楽釜製麺所

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざる大+とり天@楽釜製麺所

【新宿ワンコインランチ・500円】(その28)

新宿歌舞伎町のセントラルロード(靖国通りから旧新宿コマ劇場に突き当たる広い通り)にある「楽釜製麺所 新宿歌舞伎町直売所」へ。

新宿(西口以外)のワンコインランチはほとんど食べ尽くして、とうとうセルフうどんチェーンにまで手をだすことになってしまった。

楽釜製麺所-正面

行列に並んで「ざる大(380円)」を注文。すでに茹でてあるうどんを冷水で冷やし、ギュィーンと音をたてるバキュームの水切り装置で水分を飛ばしたうどんがざるを敷いた丼に置かれる。

天ぷらコーナーで「とり天(120円)」を選び、レジ前でネギとおろし生姜をとって会計500円。と、無理やりワンコインにしたけど、この店は「かけ(280円)」からあるので、ワンコイン以下でも大丈夫。

ざる大+かしわ天500円@楽釜製麺所

うどんは、延びてしまったのかフワフワしてコシが少ない。出汁の旨味が少ないような気がする。カツオや昆布のダシをもっと効かせてほしい。鶏胸肉のとり天は柔らかくて美味しい。

スーパーで売っている鶏もも肉と鶏胸肉にはそれほど差がないようけど、実は卸売価格では3倍以上の差がある。2010年1月中旬の農林水産省データによると、1kgのモモ肉は674円なのに対して胸肉は211円なのだ。こんな差が生まれたのは平成に入ってからで、脂の少ない胸肉は人気がないようだ。

この店は、安い材料を使って美味しい天ぷらを提供しているということなのだろう。


◆希望支払金額:500円(うどんが太いけど、コシはいまいち)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)

楽釜製麺所 新宿歌舞伎町直売所
東京都新宿区歌舞伎町1-15-5 ビッグレモンビル1階



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/698-9e5c922a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。