TOP > スポンサー広告 > 『庭と日本人』上田篤(新潮新書 246)TOP > 新書 > 『庭と日本人』上田篤(新潮新書 246)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『庭と日本人』上田篤(新潮新書 246)

庭と日本人


『庭と日本人』上田篤(新潮新書 246)

著者は、大阪万国博の「お祭り広場」を設計した著名な建築家。本書は、桂離宮や御所をはじめ庭めぐりを通じて読み解く「庭による日本文化論」となっている。

縄文時代のストーンサークルから始まり、浄土庭園や枯山水、京町家の坪庭など日本の庭にはすべて魂があるという。縄文の竪穴住居は現代の住まいとは異なり、火を守り寝るだけの建物で、縄文人たちは「庭」で生活していた。庭は「太陽の庭」だったという。そして、現代日本人を魅了する名庭の数々も、ただ美しいだけの西洋の庭園とは異なり、時代ごとの理想を体現し、日本人の精神の歴史をもの語っている。

著者は、自然を大自然・中自然・小自然の3種類に分ける。

大自然は、高山や大海、台風、地震といった「神」のような存在。中自然は、鳥や川の魚、野の雑草といった「他人」ような存在。そして小自然とは、植木や金魚、犬、猫といった「奴隷」のような存在である。ペットや植木のような奴隷を手にした後に里山や護岸のない川を求めるのは、「中自然回帰」なのだという。

そして、日本人は窓の方位や位置を異常に気にすると指摘している。バルコニーのないマンションはほとんどない。窓やバルコニーは、神が部屋を訪れるために必要だと考えているからだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/731-ea5b77e3

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。