TOP > スポンサー広告 > Aランチ@パリジェンヌTOP > その他 > Aランチ@パリジェンヌ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aランチ@パリジェンヌ

靖国通りから区役所通りに入り、坂を下り切った交差点の角にある風林会館の「カフェレストラン パリジェンヌ」へ。

パリジェンヌ201005

風林会館の前には、以前は紫色や緑色といった目立つ色のジャケットを着た方々が屯していたけど、最近は目立たなくなった。かつては発砲事件もあったけど、少なくとも昼間は危険な匂いは無くなっている。

メニュー2@パリジェンヌ201005

店内は、20名を超えるワイシャツ姿で賑わっていた。といっても3~4割程度の入り。

冷水を持ってきてくれた女性ホール係に、「Aランチ(700円)」をお願いする。

5分ほどで料理が到着。

Aランチ700円@パリジェンヌ201005

写真左上から、肉じゃがカレー風・卵焼き・うぐいす豆・小女子くるみ・ポテトサラダ・パセリ・塩鮭・春巻き・メンチカツ・キュウリしそ漬け・キャベツ千切り・ご飯。味噌汁の具は、ワカメ・油揚げ・手毬麩・ネギ。

春巻きとメンチカツはまだ熱かった。これでたった700円だもの何も文句は言えない。

「肉じゃがカレー風」といえば、肉じゃがカレーは帝国海軍生まれだ。イギリスに留学した東郷平八郎がシチューを懐かしんで作らせたのが「肉じゃが」で、横須賀海軍カレーで有名になったように兵隊の食事にカレーを出したのも海軍だ。肉じゃがの材料であるニンジン・ジャガイモ・タマネギを肉と一緒に炒め、醤油や味醂・砂糖を加えれば肉じゃがになり、炒めた小麦粉とカレー粉を加えれればカレーになる。肉じゃがも海軍カレーもジャガイモ・ニンジン・タマネギが欠かせない。そして3つとも常温で長期保存ができるから、新鮮な野菜が手に入らない船舶にはもってこいだ。

肉じゃがカレー風は、肉じゃがを作る途中で気が変わってカレーにしたのか、それとも肉じゃがの味に飽きたのでカレー粉をぶち込んでみたのか。


◆希望支払金額:700円(おかずがいろいろあってお得かも)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

カフェレストラン パリジェンヌ
東京都新宿区歌舞伎町2-23-1 風林会館1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/748-0095da03

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。