TOP > スポンサー広告 > おばんざいの定食@車屋 別館TOP > 和食 > おばんざいの定食@車屋 別館

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばんざいの定食@車屋 別館

JR新宿駅東口を出て、タカノフルーツパーラーの正面にある新宿通りと靖国通りを結ぶ通り沿いにある「車屋 別館」へ。

車屋別館201006

1階は鉄板焼きカウンターが円形に厨房を囲んでいた。高いコック帽をかぶった男性に「洋食ですか? 和食ですか?」と尋ねられたので「和食で」と答える。

店頭の看板にあった「おばんざいの定食」を食べたかったのだ。

「じゃあ2階へどうぞ」と促されて階段を登ると、2階は満席のようだった。しばらく立って待っていると、奥から若い女性のホール係が走ってきて「ちょっとお待ちください」と言いながら、3階に駆け上がっていった。

この店は、各階が込み具合について何のコミュニケーションも取っていないようだ。

「3階へどうぞ」と促されて階段を登ると、3階は4割程度の入りだった。

テーブル席に案内され「おばんざいの定食(980円)」を注文。

熱いお茶を供されたけど、湯のみが熱くて持てないほどだから、当然、お茶も熱すぎて飲めない。

5分ほどで料理が到着。

おばんざいの定食980円@車屋別館

煮物は、コンニャク・ナス・レンコン・がんもどき・冬瓜。卵焼きと銀ダラ西京焼き。ヒジキ煮。漬物は白いタクワンとしば漬。

西京焼きは焼き立てだったらもっと美味しいはずだけど、冷房でギンギンに冷えていたのが残念。煮物は、どれも薄味過ぎて旨みを感じられなかった。

味噌汁には具がないのかと思ったら、大きなアサリが入っていた。でも、汁は味噌をお湯で溶いただけのように味気ない。なぜアサリの出汁入っていないのだろう?

食事を終えて1階のレジに行くと、80代の老夫婦が会計中だった。合計金額でもめているらしく2~3分待たされる。ようやく私の番になるのかとおもったら、2階から60代男性2人をホール係が案内してきて「2階のお客様です」とレジ係に言う。すると、レジ係はエアシューターから明細とお金を取り出して計算を始めた。「私が先だろう」と言おうとしたときに、60代男性が「8000円のお釣りをくれればいいんだ!」と大声の命令口調で言う。しかし、2600円の請求なのに1万60円という意味不明の支払いをしたらしく、レジ係が悩んでいる。

結局、1階のレジ前で5分ほど待たされた


◆希望支払金額:800円(どれもこれもあまり美味しくない)
◆費用対効果度:81.6%(800円/980円)

車屋 別館
東京都新宿区新宿3-21-1



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/768-003b2b94

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。