TOP > スポンサー広告 > ホルモン焼きそば@銀だこTOP > その他 > ホルモン焼きそば@銀だこ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン焼きそば@銀だこ

靖国通りから旧コマ劇場に向かう歌舞伎町一番街の角にある「築地銀だこ ハイボール酒場 歌舞伎町店」へ。

銀だこ

隣は牛丼の「吉野家」、通りを挟んで向かい側は1階が同じく牛丼の「松屋」で2階が「中華食堂一番館」、そして斜め向かいに「マクドナルド」とファイストフード店が林立している。

この店はたこ焼きの店頭販売だけでなく、立ち飲み立ち食いのイートインスペースがあって、店の奥には幅1メートルほどしかない立ち飲み立ち食いスペースがある。この店では立ち飲み立ち食いスペースを「お席」と呼んでいるけど、椅子のないカウンターは「お席」ではないだろう。

期間限定だという「ホルモン焼きそば(680円)」を注文すると、「単品でよろしいですか?」と尋ねられる。通常は200円の「ノンアルコール生しぼりソーダ」が100円になるらしいのだけど、小学生じゃあるまいしアルコールの入っていない甘いソーダ水で焼きそばを食べる習慣はないし、昼間からお酒を飲むわけにはいかない。

お金を払うと「出来立てを食べていただくために5分ほどお時間をいただきます」と言われた。

この手の店で、焼きそばに「出来立て」は期待している人はいないだろう。ファストフードだもの速いことが大切だ。厨房を見るとなぜか4人ものスタッフがいて、しばらくしてからそのうちの1人が焼きそばを作り始めた。

6~7分で料理が完成。

ホルモン焼きそば680円@銀だこ

3.5センチ角のホルモンが3枚入っていたけど、綺麗にしすぎで何の味も香りもない。ゴムを噛んでいるような気分。麺は太めのストレート麺で、味付けは醤油と塩だろうか。かなり多めのニンニクチップが載っていた。半熟の煮玉子は冷たかった

なぜか大きな海苔が2つ折りにして挟まっていた。でも、焼きそばには青海苔のほうがあっていると思う。

ニンニクの臭い消しにロッテのクールミントガムが1枚付いていた。


◆希望支払金額:500円(ソース焼きそばにすれば良かった)
◆費用対効果度:73.5%(500円/680円)


築地銀だこ ハイボール酒場 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-18-6



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/776-b83ad8b2

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。