TOP > スポンサー広告 > ムルギカリー(大辛)@トプカ神田本店TOP > 激辛カレー > ムルギカリー(大辛)@トプカ神田本店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムルギカリー(大辛)@トプカ神田本店

【激辛カレー】

東京メトロ淡路町駅から秋葉原方面に向かい2~3分のところにある「トプカ神田本店」へ。この店は、欧風カレーとインド風カレーを提供していて、激辛カレーでも有名な店。

トプカ

入り口のすぐ右手にレジがあって、そこで注文する前金制だった。

「ムルギカリー大辛(850円)」を注文すると、インド人らしい店員に「ムルギカリーはほかのカレーの2倍の辛さで、大辛はもっと辛いですが大丈夫ですか」と尋ねられる。

「大丈夫だから」と答えてカウンター席へ。

まず水とスープが運ばれ、5~6分で料理が到着。

ムルギカリー大辛850円@トプカ

「▲×※○☆のサービスです」と温泉卵も運ばれてきた。他のお客を見ると、温泉卵は供されていないのでランチのサービスではなく、「大辛」のサービスだろうか?

この温泉卵が不思議だった。全体的に固茹でなのに、黄身と白身の一部だけはだった。冷凍卵を茹でたのだろうか。

スープ状のカレーには、ジャガイモと鶏肉が入っていた。鶏肉はよく煮込まれているが、トロトロにはなっていない。ジャガイモは固めに茹でたものを合わせただけかも。

最初の1口目でスパイシーさに驚いたけど、潰したカルダモンが混じっていたためだった。2口目からは普通のカレーだった。粗びきのトウガラシが大量に浮いていたので、これが「大辛」ということかもしれない。

カップに入ったスープが意外に辛いので驚いた。脂の味と口の中への広がり方に特徴があるのでギーを使っているのかもしれない。

激辛マニアには物足りないからさかもしれないけど、十分に美味しいカレーだった。


◆希望支払金額:850円(大辛は割増どころか温泉卵がサービスされる)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

トプカ神田本店
東京都千代田区神田須田町1-11



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/801-8575d75d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。