TOP > スポンサー広告 > カルビセット@とらじ館 西武新宿駅前店 → 閉店TOP > 韓国料理 > カルビセット@とらじ館 西武新宿駅前店 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルビセット@とらじ館 西武新宿駅前店 → 閉店

西武新宿駅のほぼ向かい側にある「とらじ館 西武新宿駅前店」へ。隣は博多ラーメンの「博多風龍」。

とらじ館新宿店201008

狭い階段を下りると意外にも店内は広く、4人がけのテーブルが10以上。奥に掘りごたつ式の座敷もあるので、60席以上はある。

お客が誰もいない店内で、中年の男性スタッフが所在無げに携帯電話をいじっていた。

左手奥のテーブルに案内され、ランチメニューを開くと12種類のランチを提供していた。

メニュー@とらじ館

石焼ビビンバに目が惹かれたけど、この猛暑に石焼きはないだろう、と頭の中から声が聞こえたので「カルビセット(780円)」を注文。

しばらくすると、七輪が運ばれてきた。暑い。熱い。この店は炭火焼肉の店だった。

6~7分で料理が登場。

カルビセット780円@とらじ館

カルビのはずだけど脂身の少ない。ナムルはなくて、おかずは豆もやし・キムチ・キャベツの千切り。

肉が焼けたので食べ始めると、タレに十分つけた熟成の進んだ美味しい肉だった。サシがよく入った脂だらけのカルビを好む人が多いようだけど、私は「口の中でとろけるような」肉を食べたいとは思わない。しっかり噛んで肉汁が滲み出す肉のほうが美味しいと思う。

スープは普通のわかめスープだけど、ごま油の香りが食欲を亢進させるのだった。

前々から気になっていたことだけど、「とらじ」は韓国語で「桔梗」という意味のはず。なぜ飲食店名に野草の名前をつけるのだろう。韓国語に詳しい方、教えてください。


◆希望支払金額:780円(お客はいなかったけど、ちゃんとした美味しい焼肉ランチ)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

とらじ館 西武新宿駅前店 ※2011年1月。気づくと閉店していました。
東京都新宿区歌舞伎町1-24-3 新居ビルB1



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/839-780a3b7b

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。