TOP > スポンサー広告 > たっぷり野菜と豚肉の蒸ししゃぶポン酢@鉄板二百℃ 西新宿店TOP > 和食 > たっぷり野菜と豚肉の蒸ししゃぶポン酢@鉄板二百℃ 西新宿店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっぷり野菜と豚肉の蒸ししゃぶポン酢@鉄板二百℃ 西新宿店

新宿大ガードを抜けて新宿大ガード西交差点を渡って都民銀行の前へ。小滝橋通りの西側(左側)歩道を50メートルほど北上したところにあるビルの3階にある「鉄板二百℃ 西新宿店」へ。

鉄板200℃201008

エレベーターで3階に上がると、テーブル席はほぼ満席で、カウンター席にもちらほらお客がいた。
「すいません、ちょっと時間がかかるんです。注文が殺到しちゃって……」と言われたけど、「ちょっと」じゃ何分なのかわからない。「何分ぐらい?」と尋ねると「10分ほどです」という答えだったのでカウンター席に。

メニュー@鉄板200℃

この店では7種類のランチを提供しているようだけど、お好み焼きなどランチメニュー以外の料理を注文しているお客もいた。

ランチメニューの一番右にあった「たっぷり野菜と豚肉の蒸ししゃぶポン酢(850円)」を注文。

すぐにサラダが運ばれた。

厨房には大きな鉄板が並び、夜は数名の調理人がいるのだろうけど、ランチタイムはたった1人で調理している。20人ほどが料理を待っていたので大変だ。

といっても、肉やモヤシを炒めてアルミホイルで作った大皿に入れドーム型の蓋をかぶせて数分間蒸し焼きにする、という工程を繰り返すだけだし、同時に数名分を作れるので「待ち時間10分」は可能なのかもしれない。

新書を読みながら調理の工程をチラチラと観察していたら、「もうすぐできますのでもう少しお待ちください」と調理人に言われてしまった。なんだか催促したみたいで申し訳ない。目が怖いことになっていたのだろうか。

しばらくして料理が登場。時計で確認すると、あはは、本当に待ち時間10分だった。

たっぷり野菜と豚肉の蒸ししゃぶポン酢850円@鉄板200℃

大量のモヤシの上に豚バラ肉(ほとんど脂肪)が載っていて、蒸し焼きになっている。だから「蒸ししゃぶ」ということ。「たっぷり野菜」は99%がモヤシで、ニンジンの細切りが2~3本あっただけ。「豚肉」はバラ肉から赤身を削いだ、7割が脂肪の肉。材料費をとことんまで抑えているのが露骨すぎて、ちょっとげんなりさせられる。

ポン酢は、あまり酸っぱくなくて出汁が効いていた。

油揚げとネギが入った味噌汁は、赤味噌(仙台味噌?)がかなり塩辛くて飲み干せなかった。


◆希望支払金額:750円(「たっぷり野菜」といってもモヤシだし)
◆費用対効果度:88.2%(850円/750円)

鉄板二百℃ 西新宿店
東京都新宿区西新宿7-10-18 小滝橋パシフィカビル3F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/841-4458583a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。