TOP > スポンサー広告 > Bセット(みそラーメン+半チャーハン)@中華老麺TOP > 中華 > Bセット(みそラーメン+半チャーハン)@中華老麺

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bセット(みそラーメン+半チャーハン)@中華老麺

京浜急行青物横丁駅改札口を出て、池上通り(またの名をジュネーブ平和通りというタワケた名前がある)を東(右)へ向かうと、150メートルほどで旧東海道との交差点になる。そこを左折してすぐのところにある「中華老麺」へ。以前、紹介した「とんかつIKADA」の隣の店だ。

中華老麺

12時前だったため、テーブル席16席ほどカウンター席10席ほどの店内には、お客はまだ5~6人だけだった。

「Bセット(みそラーメン+半チャーハン)850円」を注文して、新書を読み始めた。厨房には、40代の調理人と60代のサブの男性2人がいて、ホール係は40代の女性2人。この席数ならばホール係は1人で十分なような気がするけど、態度のでかい女性ともう1人は雑談に余念がなかった。

しばらくすると、次から次にお客が押し寄せ、この店は意外な人気店だということがわかった。

豚肉しょうが焼き定食やAセット(ラーメン+半チャーハン)が作られ、40代の調理人が中華鍋にモヤシを1掴み投入したのは私のみそラーメンだろう。中華鍋から10センチ以上ははみ出ている強烈な炎でモヤシや他の野菜・挽肉が炒められ、スープを投入してしばし煮こむ。そして、ラーメン丼にスープだけが入れられた。

すると何の合図もなく無言のままで60代が麺を別の中華鍋から引き上げて、ラーメン丼に麺を投入し、その間に40代は保温ジャーからチャーハンをお玉で取り出してお皿に載せ、さらに野菜をラーメン丼に投入した。

注文を受けて返事をするのは40代の調理人だけで、60代は一切口を開かずに連携して料理を完成していく。

たった5分ほどで私の分も含めて3つの料理が完成し、それぞれ供された。

Bセット(味噌ラーメン+チャーハン)850円@中華老麺

まず供された「半チャーハン」が普通サイズだった。もっと驚いたのがみそラーメン。丼は直径30センチ以上で、洗面器よりも大きい。カウンター越しに手渡されたときに、あまりの重さに落とさないようにちょっと緊張した。

ラーメンやもやしそばは普通サイズのどんぶりだったので油断していたけど、みそラーメンは大量の野菜炒めが載るので大きな丼を使用しているのだろうか。

麺はかん水の匂いが香り立つちょっと細めのストレート麺だった。これといって特徴のない麺だけど、強いて挙げれば少しだけ固茹でだったこと。

器が大きいので、その分スープも大量だった。とても全部は飲み干せない。


◆希望支払金額:850円(量もたっぷりだけど化学調味料もたっぷり)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

中華老麺
東京都品川区南品川2-7-10



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/890-804bc0f8

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。