TOP > スポンサー広告 > 『京都 夏の極めつき』柏井壽(光文社新書 468)TOP > 新書 > 『京都 夏の極めつき』柏井壽(光文社新書 468)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『京都 夏の極めつき』柏井壽(光文社新書 468)

京都 夏の極めつき


『京都 夏の極めつき』柏井壽(光文社新書 468)

京都知り尽くした著者が、夏の京都の魅力を語っている。残念ながら、この夏は京都を旅することはできなかった。とてつもない酷暑だったので、京都に行く気にはなれなかったのも理由の1つだ。

著者が伝える夏の京都の魅力を1つひとつ書いているときりがないので、目次を書いておこう。

【目次】

第1章 夏の京歩き・ご利益巡り
  1 「水の神さま」歩き――赤山禅院から貴船神社へ
  2 龍馬ゆかりの地を横に――東山から『二条城』辺り
第2章 夏のひなみ つきなみ
  1 夏の走り(半ばからの水無月)
  2 夏の盛り(文月)
  3 夏の名残り(葉月)
第3章 夏の京都のうまいもの
  1 京の夏の二大美味 鮎と鱧
  2 床店の愉しみ
  3 夏の美味しい朝ご飯、精進料理
  4 夏の辛味
  5 土用の丑
  6 夏の涼麺
  7 涼を呼ぶ夏菓子
  8 夏飲み
第4章 夏の足伸ばし
  1 涼を求めて近江八景
  2 夏ならではの「美」――琵琶湖に浮かぶ蓮
  3 鮎を求めて夏の小旅
第5章 京の夏泊まり
  1 近江泊まりの利便性
  2 涼やかな日本旅館
  3 片泊まりの宿
  4 京都最新宿事情
  5 ニューオープンのお奨めホテル
おわりに
  地図
  本書で主に紹介した店舗・寺社・ホテルリスト


すでに訪れたことのある寺社について、「そういうことだったのか」と歴史や背景を知る喜びもあるが、事前に知っていたとしても見え方や感動は変わらないような気もする。歴史的建造物にはさまざまな情報が付随していて、そのすべてを知ることは到底できないし、知ったからといって印象が変わるとは思えない。柱の1つひとつ、瓦の1枚1枚に時間とともにまとわりつき、刻まれているもののすべてが私に語りかけてくるわけではないからだ。

ともあれ、本書はオーストラリアの出版社から刊行されている「Lonely Planet」シリーズのような趣がある。著者の目を通して、観光地を実際に旅しているように机上体験できるからだ。

夏以外の魅力については「季をあらためて書く」と、執筆意欲の現れなのか、それともすでに刊行が予定されている残りの季節編の予告のような記述もある。

と書いたら、2010年9月17日に本書の秋編『おひとり京都の秋』が刊行された。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/893-f1186417

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。