TOP > スポンサー広告 > 焼魚膳(サンマ)@かっぽうや鷹TOP > 焼き魚定食 > 焼魚膳(サンマ)@かっぽうや鷹

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼魚膳(サンマ)@かっぽうや鷹

小滝橋通りから西に路地を入って何を食べようかと歩いていると、焼魚の芳しい香りが漂ってきたので、その香りの方に進むとあった「かっぽうや鷹」へ。

かっぽうりょうり鷹

ランチが雑誌で紹介されたらしく、店頭にその記事が貼ってあった。

店内は、カウンター7席と2つの小上がりにテーブルが20席ほど。ビジネスパーソンで一杯だった。

カウンター席に座ってお茶を運んできた女性に「焼魚は?」と尋ねると、「今日はサバとサンマです」という答えだったので、「焼魚膳(サンマ)850円」をお願いした。

待つ間に厨房を見ていると、40~50代の調理人と20代の助手、40代の女性と3人だけで切り盛りしていた。ワイシャツにネクタイを締め白い制服を着た調理人は、助手や女性にも敬語で声をかける。「サバ上がりました」「後ろ通ります」。助手が配膳をしていると、自ら食器洗い機に食べ終わった食器をセットしていた。それほど忙しいということだった。3人とも一瞬足りとも気を抜く暇もなく動き回っていた。

次から次とお客が来店し、お昼の時間帯で2回転以上はしそうなくらい混雑している。

7~8分で料理が登場。

焼魚膳850円@かっぽうりょうり鷹

思ったよりもサンマは大きかった。すだちを絞ると、清々しい香気が立ち上った。サンマは鮮度がイマイチで、内臓がちょっとだけ生臭かった。

味噌汁は豚汁で、ごく薄いスライス豚肉のほか大根・ニンジン・サトイモ・ワカメなどが入っていて、肉や野菜から出た旨みが、少なめに入れた味噌とマッチしていてとても美味しい。

小鉢はナスの味噌炒め。ちょっと甘くトロトロに炒められたナスが郷愁を誘う懐かしい味。酢の物はモズク、香物は大気とニンジンの浅漬。


◆希望支払金額:850円(サンマがもっと新鮮ならば……)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

かっぽうや鷹
東京都新宿区西新宿7-14-12 富士勧業ビル1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/896-f291d4dd

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。