TOP > スポンサー広告 > かつ丼セット@そば処 信濃 → 閉店TOP > かつ丼 > かつ丼セット@そば処 信濃 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつ丼セット@そば処 信濃 → 閉店

【とんかつランキング】


靖国通りから旧コマ劇場に伸びるセントラルロードに真ん中にある「そば処 信濃」へ。

信濃

店頭のガラスケースに食品模型が並んでいる光景から昔ながらの町のお蕎麦屋さんを想像して、これまで入店をためらってきた。だって、つまらなそうだもの。

店に入ろうとすると、配達に出かける店員とすれ違った。30席ほどの店内にお客は5人しかいなかった。奥のテーブル席に座り、冷たい烏龍茶を持ってきたおばちゃんに「かつ丼セット(840円)」を注文すると、「そばは温かいのと冷たいのがありますが」と言われたので「冷たいのを」をお願いすると、「冷たいのはぶっかけですがよろしいですか」とさらに尋ねられた。セイロではなくても、別に異存はない。

しばらくして、日本人2人が7人の中国人を連れて入店してきた。60代のおしゃべりな男性と30代の大柄な女性、あとは比較的無口な20~30代の男性5人だった。中国人同士でも英語を話していて、たまに広東語らしい言葉を話しているので香港人らしい。全員がビジネスバッグを持っていたので観光客ではなく、ビジネスで来日したらしい。しかし、話の内容は60代男性が10年前にケガをした話などビジネスとは関係ない話ばかりだった。

日本人の1人が「この店はカードが使えないから」とコンビニのATMにお金を引き出しに出かけた。香港人の食事代を日本側が支払うらしい。となると、2人の日本人にとって香港人7人組はお客さんだろうか。

9人の来店で給仕係のおばちゃんパニックになった。いつまでも鳴り響く電話に出ないし、なかなか決まらない香港人の注文にイライラして、店内をあちこち歩き回っていた。ついには、注文の電話に「混んでいるので40分はかかりますがよろしいですか?」とぶっきらぼうに応対していた。

10分ほどでようやく料理が到着した。

かつ丼セット840円@信濃

ちょっと白っぽい更級系のそばは、セットメニューのそばとは思えないほど量が多い。味は特筆するところなし。強いて書けば、ちょっと伸びていて歯ごたえはほとんどないことだろう。

かつ丼は、ちょっと量が少なめでセットメニューの「ミニカツ丼」の分量だった。これも味に特筆するところはない。ミニだからカツは小さい。卵にもしっかり熱が通っていて固かった。

店頭には、「かつ丼セット」などのどんぶりとそばが一緒のセットメニューは「ランチセット」と書かれていたけど、店内にはセットメニューは「24時間ランチ料金」と書かれていた。もはやランチセットというメニュー群はなくなったのだった。


◆希望支払金額:840円(味も量もごく普通。予想通りの料理)
◆費用対効果度:100%(840円/840円)

そば処 信濃 ※2011年8月で閉店しました。
東京都新宿区歌舞伎町1-17-11 プレーンシティ新宿ビル1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/899-5904e77e

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。