TOP > スポンサー広告 > 豚肉とにんにくの芽炒め定食@香香(しゃんしゃん)中華楼 → 閉店TOP > 中華 > 豚肉とにんにくの芽炒め定食@香香(しゃんしゃん)中華楼 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉とにんにくの芽炒め定食@香香(しゃんしゃん)中華楼 → 閉店

西武新宿駅からすぐのところにある「香香(しゃんしゃん)中華楼」へ。

この店のランチは、480円の麻婆豆腐定食から580円、680円、780円と安い定食メニューが豊富だ。

定番定食メニュー@香香中華楼

定食メニュー@香香中華楼


「豚肉とにんにくの芽炒め定食(680円)」を注文すると、すぐに厨房からにんにくの芽(茎だろう)をザクザクと切る音が聞こえ始め、しばらくしたらジャージャーと炒める音が聞こえてきた。

そして、なぜか最後に電子レンジのチーンという音が聞こえ、料理が運ばれてきた。

えっ、チーンっていったい何?

豚肉とにんにくの芽炒め定食680円@香香中華楼

この店は、料理の量がとても多い。新鮮なにんにくの茎は噛むとキュッキュッと音がするほど。豚肉は片栗粉を付けて油通しをしてあるので、ちょうど良い歯ごたえになっていた。

ただ残念なことに、私にはちょっと塩辛すぎる。塩分量がちょどよい量の1.5倍くらいはありそうな気がする。この塩辛い料理でご飯をワシワシ食べるのが中国風なのだろう。

チーンという音は、ご飯かスープのどちらかを温めたためだろうと思ったけど、スープはそれほど熱くなかったのでおそらくご飯を温めたのだろう。

12時15分に入店した私が最初の客だったし、ランチ時に炊きたてのご飯を用意しないほどお客が少ないということなのかもしれない。

大丈夫か?


◆希望支払金額:680円(塩辛いけど安い)
◆費用対効果度:100%(680円/680円)

香香(しゃんしゃん)中華楼 ※残念ながら2010年12月で閉店したようです。
東京都新宿区歌舞伎町1-28-2 第二鈴鹿ビル2F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/916-751e7a76

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。