TOP > スポンサー広告 > 『街場のメディア論』内田樹(光文社新書 474)TOP > 新書 > 『街場のメディア論』内田樹(光文社新書 474)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『街場のメディア論』内田樹(光文社新書 474)

街場のメディア論


『街場のメディア論』内田樹(光文社新書 474)


各出版社から刊行されている「街場の~」シリーズの新刊。神戸女学院大学での講義をテープ起こししたものに加筆するという〈製作システム〉で出版される内田の本は「街場の~」シリーズとなっている。

本書は、マスメディアを志望する学生向けの講義録に加筆したものだ。読む前から想像出来るように、日本のメスメディアが抱える構造的な問題や環境の変化に対応しきれていない絶望的な現状が語られる。マスメディアに就職するのは止めなはれ、といっているようだ。

インターネットの進展と端末デバイスの進歩で、テレビ・新聞・出版は大きな転換点を迎えているのは誰もが感じているところだろう。ずいぶん前から多くの若者は新聞を定期購読していないし、マンガ週刊誌すら読まなくなった。活字離れは深刻だが、著者はそれよりも情報伝達の手段が〈マス〉であることの意味を問い直し、ミドルメディアに注目している。数千人から数十万人程度を対象とするインターネットを介した情報発信である。万人向けに情報を発信する際には、小学生でもわかるような言葉しか使えないし、過激な発言は封殺される。読者が限定されたミドルメディアならば、自由に発言できるし小学生向けの解説は不要だ。

そして、メディア論から離れて教育や医療をサービス産業としてビジネス化したことの弊害にも論は広がる。

また、著作権を放棄していることについても書かれている。まだ実行した者はいないが、著者はブログはもとより書籍に関しても自由に「引用・改変」されてもかまわない、としている。これについて、著者は大学教授として定期収入があるので執筆による印税で糧を得ているわけではないからだ、という批判がある。この批判に対しては、いつものように歯切れよくは答えていない。

これは、引用・改変されても自分の本は売れ続け、教員を定年退職後も印税生活を送ることができるという自信の表れでしかないからだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/936-0a1b148e

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。