TOP > スポンサー広告 > 鮭の粕漬け御膳@さんるーむ 新宿サブナード店TOP > 焼き魚定食 > 鮭の粕漬け御膳@さんるーむ 新宿サブナード店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮭の粕漬け御膳@さんるーむ 新宿サブナード店

東京もようやく冬らしい寒々とした気候になってきた。温もりを求めたわけじゃないけど、新宿サブナードの「さんるーむ 新宿サブナード店」へ。

さんるーむ

奥のテーブル席に案内されてメニューを見ると「旬の魚御膳」というキャンペーンをやっているらしい。

このチェーンは「安全・安心・健康」をモットーにしているらしく、身体に良さそうな料理が並んでいる。ご飯は、七穀米か黒米を選ぶようになっている。

メニュー@さんるーむ

水を運んできた女性スタッフに「鮭の粕漬け御膳(1080円)」を黒米で注文すると、トロロか野菜スープを選ぶようにいわれたので野菜スープを選択した。

5分ほどで料理が到着。

鮭の粕漬け御膳1080円@さんるーむ

最初に目についたのが薄いクリーム色の野菜スープ。煮込んだ野菜を細かく砕いたポタージュスープらしい。かなり塩っぱい。

味噌汁やすまし汁は付いていない。トロロを頼んだら、冷たい水でご飯を食べるところだった。メニュー構成がおかしくないか。

鮭は見るからに美味しそうではない。粕漬けということだけど、鮭の旨味を酒粕が殺しているような味だった。大根おろしの上に載った柚子の皮が虚しい。

黒米は炊き方を完全に失敗している。水が多かったのだろう。箸で摘まむと、ベチャベチャの半殺し団子状だった。胚芽米に数%の黒米を加えて炊いたようだけど、黒米とベチャベチャに因果関係はないはずだ。この店の料理人あるいはアルバイトスタッフは、ご飯すらまともに炊けないようだ。

ひと昔前のお父さんにこんなご飯を出したら、ちゃぶ台をひっくり返すだろう。炊飯を失敗したご飯を平気でお客に提供するところに、このチェーンの姿勢が見える。

「おばんさい三品」として、ピリ辛コンニャクと昆布の佃煮・里いもコロッケ・季節野菜のお浸しが付いている。里いもコロッケは、里芋のネットリとした食感が口の中に残ってあまり美味しくない。お浸しは甘い。砂糖を加えただし汁に野菜を浸けたようだ。コンニャクと昆布は論外。

どのテーブルにも、醤油やソースがなかった。お浸しは味が付いていたけど、鮭の粕漬けと大根おろしやコロッケはどうなる。

この店では、お客がお願いしないと調味料を出さない決まりらしい。もしかしたら、お願いしても調味料は出てこないかもしれない。

面倒なので、さっさと食べて店を出た。


◆希望支払金額:800円(黒米のご飯が最低)
◆費用対効果度:74%(1080円/1080円)

さんるーむ 新宿サブナード店

東京都新宿区歌舞伎町1 新宿サブナード地下街B1F



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/965-505b865a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。