TOP > スポンサー広告 > カツカレー@カレーの市民アルバTOP > カツカレー > カツカレー@カレーの市民アルバ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツカレー@カレーの市民アルバ

お盆休みは先週までかと思っていたら、夏休み中の飲食店がまだ少なくない。お盆休みも分散化しているということだろう。

末広町交差点近辺をぶらついていたら、「加賀カレー カレーの市民アルバ」という新しいカレー店を発見。加賀カレーというのは見たも聞いたこともないので入店してみた。

でも、「カレーの市民」といえば、国立西洋美術館にもあるロダンの彫像を思い浮かべるが、何の関係もないのだろうなあ。そして、「アルバ」といえば、映画『ファンタスティック・フォー』やテレビドラマ『ダーク・エンジェル』のジェシカ・アルバや時計ブランドのセイコーアルバを思い浮かべるが、これも全く関係ないんだろうなあ。

080818@カレーの市民アルバ

外から見て狭い店なのかと思っていたら、L字型のカウンターのほかにテーブル席もあるので結構広い。自動券売機はなく、後払い制。この店は、金沢市が発祥らしく(だから加賀カレー)、ヤンキースの松井秀喜選手も高校時代にはよく通ったという。メニューは、カツカレー750円、とろとろオムカレー750円、満員ホームランカレー1000円、熟成ビーフカレー550円など。

カツカレー馬鹿なので、いつものように「カツカレー(750円)」を注文。

080818カツカレー750円@カレーの市民アルバ

ごく普通のカツカレーが登場。カツは薄い肉を揚げてあるが、カラッと揚がっている。メニューの裏に「ビーフシチューをベースに」とか「タマネギをよく炒めて」と書かれていた。カレーソースは確かに苦みとトマトの酸味のある味だが、特に変わった味ではない。

横須賀カレーは牛乳がたっぷり入った学校給食のカレーとよく似た独特の味だったが、このカレーのどこが加賀カレーなのだろう。わざわざ地名をつけるほどの、特筆すべき味の特徴はないようだ。他のカレーチェーン店と大差ないのではないか。

ご飯粒がちょっと大きめだったのだけど、変わった品種の米なのだろうか。


カレーの市民 アルバ 秋葉原店
東京都千代田区外神田4-6-7

地図NAVITIME

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/98-f69c2413

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。