TOP > スポンサー広告 > 日替わりカレー(豆とキーマカレーセット)@スターバック → 閉店TOP > カレー > 日替わりカレー(豆とキーマカレーセット)@スターバック → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日替わりカレー(豆とキーマカレーセット)@スターバック → 閉店

旧新宿コマ劇場の東側の通りにあるアマンドの手前を右折した路地にある“本格インド料理と板前料理”というミスマッチな料理を提供する「スターバック」へ。

スターバック201101

この店では、ランチ時はインド出身の調理人が担当しているので、やはりカレーを食べてみようということで訪問した。

20種類以上のカレーを提供しているので、迷った挙句に「日替わりカレー(豆とキーマカレーセット)650円」を注文。ナンかライスを選べるようになっているけど、メニューにチャパティがあったので試しに「チャパティでも大丈夫?」と尋ねたらOKだった。ナンよりもチャパティのほうが好きなので大満足なのだ。カルカッタ出身の調理人も、家では毎晩チャパティを食べているらしい。

チャパティを丸く伸ばしている調理人に、日本のインド料理店ではどうしてチャパティではなくナンを提供するのが一般的なのだろうと尋ねると、「チャパティは作るのに時間がかかるから」という答えだった。ナンはドウを引き伸ばしてタンドール(窯)に貼りつけて焼けばいいけど、チャパティは麺棒で丸く伸ばさなければならないしフライパンで焼くときにも付きっきりで焼かなければならないから面倒だということだろう。インドではタンドールで焼いたチャパティも見たけど、一般家庭ならばフライパンに油を敷かずに焼いて、さらに直火で表面をパリパリにして焦げ目をつけるということらしい。

注文をしてから10分間で料理が登場。

日替わりカレー(豆とキチンのカレー)650円@スターバック

写真では1枚だけどチャパティは2枚供された。カレーはレンズ豆と鶏の挽肉。日本人向けに少しだけ優しい味付けだけど、ちゃんとしたインドのカレーで美味しい。

インドで食べたチャパティは、店によって厚さや大きさ、色など1つとして同じものを食べたことがなかった。この店のチャパティは、厚めでちょっと固くてもっさりした感じだった。でも、このもっさり感と味が懐かしい。

辛いモノ好きだという話をしたら、冷蔵庫から自家製ホットソースを出してきてカレーにドボドボとかけてくれた。唐辛子とタマネギ、酢、スパイスなどを混ぜて作ったというホットソースがとても美味しい。

食後に供されたヨーグルト飲料のラッシーは、牛乳入りなのでミルキィな味になっているらしい。

安くて美味しいランチを食べさせる店なのに、立地が悪すぎてあまりお客は入らないようだ。もったいないなあ。

次は、ビリアーニを食べよう。


◆希望支払金額:800円(本当に美味しいカレー。新宿で一番かもしれない)
◆費用対効果度:123%(800円/650円)

スターバック ※2011年4月に閉店しました。
東京都新宿区歌舞伎町1-12-4



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/992-93c5ecee

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。