TOP > 激辛カレー

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーフカレーと野菜カレーのコンビ@Cafe de MoMo (カフェドモモ)

【激辛カレー】


激辛カレーで有名な新宿区市ヶ谷の「Cafe de MoMo (カフェドモモ)」へ。

都営地下鉄大江戸線牛込柳町駅の東口を出て左へ坂道を下り、下り切ったところにある市谷柳町交差点を右折する。外苑東通りを300メートルほど南下して、コンビニエンスストアの手前の市谷薬王寺町交差点を左折して薬王寺坂通りに入り、200メートルほど進むと左手に新宿区立加賀公園があり、その50メートルほど先の右側に店はある。

カフェドモモ

4人がけテーブル5卓、2人がけテーブル1卓の店内は、手作り感のあるおしゃれな感じだった。

メニュー@カフェドモモ

50代の店主がとても狭い厨房にいて、同じく50代の女性がメニューと冷水を持ってきた。ビーフカレーには「激辛」と書かれている。

「ビーフカレーと野菜カレーのコンビ(1100円)」
を注文した。店内のメニューでは、ビーフカレーは「激辛」と書かれていて、卓上には丸ごとの唐辛子を粗く引いて種がたくさん入ったものが置かれていた。

5~6分で料理が供された。

ミックス(ビーフカレーと野菜カレー)1100円@カフェドモモ

ん、カレーが少ない。ご飯に比べ、がっかりするほどカレーが少ない

ビーフカレーを1口食べてみると、辛さよりも苦さが優っていてびっくりした。それなのに、クローブの粒も入っているけどスパイスの香りは弱い。どういうことか。

長時間煮込んだ牛肉は、口に入れるとホロホロとほぐれるほど柔らかいけど、旨みは少なかった。

野菜カレーは、ジャガイモとサツマイモがホックリするほど煮込んであって、フレッシュなトマトとピーマンを加えて温めたものだった。粒マスタードが効いていて、なぜかタイのレッドカレーっぽい味だった。

決して不味かったわけではないけど、期待が大きかっただけに残念な味だった。


◆希望支払金額:1100円(さっぱり辛くない激辛ビーフカレー)
◆費用対効果度:100%(1100円/1100円)

Cafe de MoMo (カフェドモモ)
東京都新宿区市谷加賀町2-2-9 カサ・ロッサ1F


Googleマップの大きな地図で見る

スモールランチセット@カーナ・ピーナ

【激辛カレー】


激辛カレーで有名な祐天寺の「カーナ・ピーナ」へ。

東急東横線祐天寺駅の改札口を出て右へ東口に出て、駅前ロータリーの右斜めに向かう。商店街を300メートルほど歩いて突き当りの整骨院を左折すると、30メートル先の左手に店はある。

カーナ・ピーナ

カウンター6席、4人がけテーブル4卓、6人がけテーブル1卓の店内は、インド料理店というよりも喫茶店の雰囲気。12時前なのに、10人ほどの先客がいた。

ランチメニュー@カーナ・ピーナ

ランチセットは、チキン・マトン・緑豆(ムング・ダール)の3種類のカレーのいずれかにライス、プチサラダ、ドリンクがついている。

隣の先客を見ると、大きな鉢に入ったカレーを大皿のライスにかけて食べていた。この店の普通サイズは、通常の店の大盛りサイズらしい。

そこで「スモールランチセット(850円)」マトンカレーダヒ(ヨーグルト・ドリンク)でお願いした。辛さは、マイルド・セミホット・ホットから選べるので、ホットをお願いすると「かなり辛いですが大丈夫ですやか?」と女将に確認された。もちろん「大丈夫です」と答える。

厨房の食器棚には、大量の業務用スパイスの袋が無造作に積み上げられている。GABAN社のものを使っているようだ。

50代のご主人が奥で調理していて、時々、女将と小声で話していた。

10分ほどで料理が供された。

マトンkれー・ホット850円@カーナ・ピーナ

確かに「スモールランチセット」でも十分な分量だった。

カレーには、1センチ角ほどのマトンが6~7個入っていた。玉ねぎスライスの甘酢漬けとレーズンの載ったライスにかけて食べると、辛くて美味しい。でも、驚くほど辛いわけではない。白いご飯の上に唐辛子粉の赤いつぶつぶが見える。辛さの調節は唐辛子粉の分量らしい。

この店には裏メニューで超激辛の「ベリーホット」と「スペシャルホット」があるらしいけど、御茶ノ水の「エチオピア」や早稲田の「夢民」のようなスパイシーな激辛カレーではなく、単に馬鹿辛いだけのカレーで旨みも少ない。

何故かこの店ではヨーグルト・ドリンク「ラッシー」の原料である「ダヒ」がドリンク名になっている。ガムシロップが添えられていて、そのまま飲むとかなり酸っぱくてドロドロのクリーム状だった。


◆希望支払金額:850円(唐辛子増量の馬鹿辛いカレー)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

カーナ・ピーナ
東京都目黒区祐天寺2-17-9


Googleマップの大きな地図で見る

なすチキン(辛さ10番、大盛)@curry 草枕

【激辛カレー】


久しぶりに辛いカレーを食べたくなったので新宿3丁目の「curry 草枕」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の1番出口を出て左へ新宿方面に300メートルほど歩いて、「新宿二丁目交差点」を渡り20メートルほど左に行った雑居ビルの2階に店はある。

curry 草枕

写真右下に見える梯子のような急な階段を上ると、右手にガラス張りのドアが見えてくる。

雨模様だったけど、12時過ぎに入店しようとすると満席だった。メニューを渡されて、店の前の椅子に座って待つ。

メニュー@curry 草枕

この店では、カレーを注文するときには、カレーの種類を選んだあとで辛さを1~10番から選び、ご飯の量は「少なめ(150g)50円引き・普通(250g)・大盛り(350g)・山盛り/ご飯のお代わり(450g~)100円増し」から選ぶようになっている。

辛さ「1番」が普通の中辛、「2番」で辛口、おすすめは「3番」と書かれていた。

1~2分で、2人組が出てきたので店内に入ると、カウンター席6、4人がけテーブル1卓の10席しかない小さな店だった。

カウンター席に案内されて「なすチキン(830円)」辛さ「10番」・ご飯「大盛り」でお願いした。

すぐに厨房から炒めものをする音が聞こえ、3~4分で料理が供された。

なすチキン大盛830円@curry 草枕

この店で1番辛い「10番」にしたけど、カレーはあまり赤くない。唐辛子だけで辛さを増しているわけではなさそうだ。

クローブの強烈な香りの中に、タマネギを長時間炒めて作ったベースの甘味と、トマトの酸味を感じた。辛さは全然問題ない。そして、カレーカシューナッツやヨーグルトを使っていないためか、とてもさっぱりした味になっている。

鶏もも肉ブロックが数個入っていて、スプーンで簡単にほぐれるほど煮込まれていて美味しい。

ご飯は、かなり固めに炊かれていて、大盛は直径20センチ厚さ2.5センチほどの円盤状に盛りつけられていた。普通盛は、厚さが2センチほどだったから、大盛と普通盛の差はそれほど大きくない。

お会計の時に、「ラッシーサービス」のチケットを兼ねたショップカードと、パイン味のキャンディをいただいた。


◆希望支払金額:830円(さっぱり味のインド風カレー)
◆費用対効果度:100%(830円/830円)


curry 草枕
東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル2号館2F


Googleマップの大きな地図で見る



から玉激辛デビル@HIRO

【激辛カレー】


新宿1丁目で「激辛デビル」という恐ろしい名前のメニューを見つけた。

黒板メニュー@HIRO

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に向かい15メートルほどでドラッグストアを左折し、新宿通りと靖国通りを結ぶ道を200メートルほど歩いた左側のビルの2階にある「HIRO」という店だった。

ランチメニュー@HIRO

この店は夜は焼き鳥屋でランチは14種類のカレーを提供しているらしい。

階段を上って2階に登ると、「辛口カレー」という大きな提灯はある。

HIRO.jpg

店内は、ちょっと昔の喫茶店かパブのような内装で、4人がけテーブル4つ、2人がけテーブル1つの18席の小さな店で、先客は5人ほどだった。

60代くらいの女性がホール係を担当し、よく見えない厨房では半分くらい白髪の男性が働いていた。

激辛デビル(600円)」を注文しようとすると「から玉は?」と勧められた。200円アップで鶏唐揚げと目玉焼きがトッピングされるらしい。そこで「から玉激辛デビル(800円)」を注文した。

すぐにコールスローとダイコンの柴漬け・らっきょの小鉢が運ばれたけど、カレーはなかなか出てこない。

12~13分で料理が供された。

もう1度やってきたホール係が「もし辛かったらマヨネーズをかけるとまろやかになりますから」といってチューブ入りマヨネーズをポンと立てていった。

から玉激辛デビル800円@HIRO

ごまを振ったご飯に、半熟の目玉焼きと鶏唐揚げ・ウィンナソーセージ・油で揚げたピーマンが載っていた。激辛デビルは、シャバシャバのスープ状で、思ったよりも量が少なく具も見当たらない。

「激辛」というほどの辛さではなかったけど、頭頂部が汗ばんでいった。目玉焼きの黄身を崩すとまろやかになって辛さが和らいで美味しい。

唐揚げは小さな鶏肉だったけどさっぱりして美味しい。

このカレーは決して激辛ではない。じゃあ「デビルか?」と問われても悪魔のことはわからない

んん、なんかわからないままに食べ終えてしまった。


◆希望支払金額:800円(香辛料のパンチは少ない)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

HIRO
東京都新宿区新宿1-31-15 第3寺田ビル2階



Googleマップの大きな地図で見る


元祖激辛カシミールカレー@Curry DELHI グルメ

【激辛カレー】


カシミールカレーで有名な「デリー」がカフェバースタイルで出店した「Curry DELHI グルメ」へ。

東京メトロ新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に200メートルほど歩き、「和民」の大きな看板のある交差点を右折して緩やかな坂道を200メートルほど靖国通りに向かって歩くと、ホテルパークイン新宿というビジネスホテルの1階にこの店は入っている。

Curry DELHI グルメ

外のテラスにもお客がいて、店内のテーブル席はすべて埋まっていた。10席のカウンター席にも4人ほどのお客がいるので流行っているのだろう。

ランチメニュー@Curry DELHI グルメ

デリー」にきたからには「元祖激辛カシミールカレー(670円)」を注文。

この店には1人訪れている女性が何人もいるので、このスタイルの出店は成功なのだろう。

と、待つうちに6~7分で料理が供された。

元祖激辛カシミールカレー670円@Curry DELHI グルメ

濃いこげ茶色のサラサラのカレーソースには、4センチ角2個・3センチ角1個鶏肉と5センチ×4センチ×3センチほどの大きなジャガイモが1個入っていた。

茶色の福神漬と刻んだラッキョウを取ってカレーをご飯に掛けると、あっという間にご飯に吸い込まれた。「元祖激辛」を謳っているけど、それほど辛くはない。唐辛子の辛さに加え、ブラックペッパーがプラスされて、あまりピリピリしないカレーだ。

デリー 上野店」で食べたときには、同じ名前の料理が900円だったので、こちらはかなりお得のような気がする。

ただし、ご飯の量が少ないようだ。大盛りは同じ食器にご飯が山盛りだったし、たった50円増しなので、大盛りを注文したほうが良いかもしれない。


◆希望支払金額:670円(辛さはそれほどでもないけど、美味しいですよ)
◆費用対効果度:100%(670円/670円)

Curry DELHI グルメ
東京都新宿区新宿1-36-5 ホテルパークイン新宿1F


Googleマップの大きな地図で見る

野菜カレー(ベリーホット)@グレートインディア(GREAT INDIA) 百人町店

【激辛カレー】


新宿職安通り沿いにある「グレートインディア(GREAT INDIA) 百人町店」へ。

GREAT INDIA201109

「グレートインディア(GREAT INDIA)」は、池袋・高田馬場・大久保・新宿にかけて数店舗あるインド料理店。かつて、靖国通りから歌舞伎町一番街へ入ってすぐの右側にも歌舞伎町店があったけど、1年持たずに閉店した。

ランチメニュー@GREAT INDIA

同じように都内に数店舗あるインド・パキスタン料理店「シディーク」の向こうを張って、本格的なインドカレーを680円(税別)から提供している。

12時過ぎなのに、先客はたった3人。ちょっと嫌な予感がする。というのも、2年ほど前に入ったときはほぼ満席だったからだ。

「野菜カレー+ライス(714円)」を注文すると、カレーを小鍋に移して温めはじめた。何気なくメニューを見ていると、「ベリーホット」という文字が眼に飛び込んできたので、慌てて「ベリーホットで」と付け加えた。

この店は辛さを選べるのだった。

ランチはアイスコーヒーなどのドリンクがセットになっているのだけど、頼んでもいないのに勝手にラッシーが運ばれてきた。ラッシーは好きなので、まあ、いいけど。

5分ほどで料理が供された。

野菜カレー714円@GREAT INDIA

普通のカレーに比べて、かなり赤い。近くに座ったお客が何事かと目を剥くほどだった。野菜カレーは、マッシュルーム・ジャガイモ・ニンジン・カリフラワー・ダイコン・グリーンピースなど野菜がたっぷりだけど、ソースのカシューナッツペーストがしつこい味になっている。

辛さはそれほどでもないけど、全体的に旨みが少ない気がする。野菜は柔らかく煮込まれているのに、なぜかソースにその旨味が溶け出していない。

サフランの香りはしないからターメリックライスだろうけど、量がとても多い。大盛りをお願いしなかったのに、十分に大盛だった。


◆希望支払金額:714円(あまり美味しくはないけど……)
◆費用対効果度:100%(714円/714円)

グレートインディア(GREAT INDIA) 百人町店
東京都新宿区百人町1-5-4 東都ビル1F


大きな地図で見る

新赤道カレー@フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店

【激辛カレー】

【新宿ワンコインランチ・500円】(その92)


先週、西武新宿駅前を歩いていると、ロックなカレーということで69円のカレーを販売していた、「フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店」が、8月16日から19日まで、今度は88円のカレーを提供するというチラシを配っていた。

88円カレー@LAB GARAGE

ラボガレージ201108


今回は、激辛の「新赤道カレー」が88円

88円カレー告知@ラボガレージ

12時過ぎに入店すると、2人の先客がカレーを食べ終えようとしていた。先客が88円を払って店を出ると、次のお客が入ってくる。たった88円だもの、大人気なのだった。

激辛だという「新赤道カレー(88円)」というカレーを注文すると、4~5分で料理が供された。

新赤道カレー88円@ラボガレージ

カレーを一口食べると食感が面白い。弾力のある豚バラ肉が、今まで食べたことのないカレーの食感を生み出していた。

前回の「赤道カレー」と比べると、粗びきの唐辛子がチクチクと口の中全体を刺激するワイルドなカレーになっていた。スパイスも増やしたようだ。

固めに炊かれたご飯がもっちりと美味しい。

なぜ88円なのか理由を店主に尋ねた。

8月8日からスタートしようとして88円にしたのですが、味に納得できなくて改良に改良を重ねたために今日からになったんです。でもお盆からのスタートになってしまって……」

うーん、スタートが8月8日じゃないならば、100円とか200円でも大丈夫だったんじゃないかなあ。

それでもみんな満足すると思う。


◆希望支払金額:600円(お肉もたっぷりの激辛カレー)
◆費用対効果度:681%(600円/88円)

フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店
東京都新宿区歌舞伎町1-28-2 第二鈴鹿ビル



赤道@フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その88)

【激辛カレー】


ロックなカレーということで69円のカレーを提供していた西武新宿駅前の「フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店」が新しいランチメニューになっていた。

ランチメニュー@LAB GARAGE

ラボカレーに加え、「超激辛!! 赤道」と「カプチーノカレー」の2種のカレーと「ガパオライス」、「日替わりメニュー」。いずれも「会員480円」と書かれているけど、入店してからでも会員になれるので、誰でも480円

ドア@LAB GARAGE

2階の入口ドアには真っ赤なフィルムの下に「LAB GARAGE」という店名がうっすら見える。夜は照明でもっとちゃんと見えるのだろうか。

12時過ぎに入店すると、まだお客はいなかった。

超激辛だという「赤道(480円)」というカレーを注文すると、厨房ではポニーテールの店主がフライパンに小分けしたカレーをガシガシと激しく混ぜ始めた。

5分以上混ぜ続けて大汗をかき、「これを作ると汗びっしょりになるんです」と言いながら料理を渡してくれた。

赤道480円@LAB GARAGE

ドロドロのキーマカレーがたっぷりかかっていた。「超激辛」と呼ぶほど辛くはないけど、充分に辛い。そして、甘さが後から付いてくる。マスタードシーズの香りがして、ちょっと名前が思い出せない独特なスパイスの香りも強い。えーと、なんだっけ。うー、思い出せない。

舌ではそれほど辛くは感じないけど、頭頂部からダラダラと汗が滴る。暑い日にはやっぱり激辛カレーが美味しい。

ご飯がもっちりと上手に炊けていて美味しい。

カプチーノカレー」という珍しいメニューについて尋ねると、女性向きに牛乳とココナッツミルクを泡立てたホイップが載っているカレーらしい。オリジナルの「ラボカレー」を食べたお客が、男性は「もっと辛く」、女性は「もっと甘く」という反応だったので、甘いのと辛いの2種類を作ったとのこと。

次は「日替わりメニュー」を食べよう。


◆希望支払金額:700円(分量もたっぷりで美味しい)
◆費用対効果度:145.8%(700円/480円)

フレアダイニング LAB GARAGE(ラボ・ガレージ) 西武新宿駅前店
東京都新宿区歌舞伎町1-28-2 第二鈴鹿ビル



ロースカツカレー10辛@カレーハウスCoCo壱番屋 新宿歌舞伎町店

【激辛カレー】


2011年5月17日、歌舞伎町の靖国通りから旧新宿コマ劇場に延びるセントラルロードに「カレーハウスCoCo壱番屋 新宿歌舞伎町店」がオープンした。

CoCo壱番屋歌舞伎町店

同じ場所には2010年夏までカレーチェーンの「リトルスプーン」があったけど、2010年7月に「リニューアルオープン」に向けてとして閉店していた。

なかなか再開しないと思っていたら、2011年の春になってココイチが開店することになり、今日がオープン初日となった。

店頭には制服姿の男性が5~6名並んでチラシを撒いたり、呼び込みをしている。店頭だけでなく、歌舞伎町一体でやればいいのに。開店祝いの花かごが店の正面を向く形で歩道にずらりと並んでいる。

入り口すぐのカウンター席に座って「ロースカツカレー(700円)」「10辛(100円)」を注文すると、4~5分で料理が登場。

ロースカツカレー10辛800円@CoCo壱番屋

10辛にしたため、もともと糊っぽいカレーがさらに粘度を増していた。カレーに具は入っていない。辛さは問題ないけど、頭頂部だけに汗があふれた。
ご飯はかなり多め。

赤い人工着色料を使っていない福神漬は塩分が少なめだけど、それぞれの野菜の味は消えていてあまり美味しくない。

それにしても、かつが美味しくない。

このチェーンは「手仕込み」という変な接頭辞を付ける傾向があるけど、単なる「ロースカツ」は「機械仕込み」だとでもいうのだろうか。

スプーン@CoCo壱番屋

会計の時に、「オープン記念」ということでロゴ入りのスプーンをもらった。


◆希望支払金額:700円(かつが不味いので)
◆費用対効果度:87.5%(800円/700円)

カレーハウスCoCo壱番屋 新宿歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-18-10 吉川ビル1F



野菜カリー(70倍)@エチオピア

【激辛カレー】


JR御茶ノ水駅から、神保町方面に坂を下ったところにある「カリーライス専門店エチオピア本店」へ。

エチオピア2010

店内の券売機で「野菜カリー(930円)」のチケットを購入して開いているカウンター席に座り、「70倍で」とお願いする。学生らしいアルバイトスタッフは、いつものようにニコリともせずにチケットを受け取り、しばらくするとこれもいつものように茹でたジャガイモを持ってきてくれた。

ジャガイモ@エチオピア

美味しいジャガイモなら嬉しいけど、この店のジャガイモは水っぽい

15分ほどで料理が登場。

野菜カレー70倍@エチオピア

ビーフカリーやチキンカリーよりも50円高い野菜カリーは、ナス・キャベツ・ピーマン・シメジ・レンズ豆といった野菜がたっぷり入った具沢山のカレーだった。

肉系のカレーよりもクローブの香りは強くないような気がするけど、辛味の中にさまざまな香辛料が混じり合った奥深い味わいは文句なしに美味しい。

辛さもチキンカリーよりは抑えめのように感じるけど、気のせいだろう。


◆希望支払金額:930円(スパイシーでお肉たっぷりだった)
◆費用対効果度:113.6%(1000円/880円)

カリーライス専門店エチオピア本店
東京都千代田区神田小川町3-10-6




« 新しい記事に行く  | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。