TOP > ニラレバ炒め(レバニラ炒め)定食

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F.ニラレバ炒め定食@中国料理 北京

【新宿ワンコインランチ・500円】(その99)


西武新宿駅から歩いて2~3分のところにある「中国料理 北京」へ。

北京201110

西武新宿駅から職安通り方面に緩やかな坂を下りきったT字路を右折してすぐのところに店はある。

ランチメニュー@北京

以前も紹介したけど、この店は定食のワンコインランチが6種類もある。

狭い通路を通って店内に入ると、お客でいっぱいだった。テーブル席2つでは、日本人がお昼から宴会。丸テーブルには1人のお客がいて、カウンター席にビジネススーツを着た5人組の中国人。

ワンコインランチの「ニラレバ炒め定食(500円)」を注文すると、20歳くらいの中国人女性が「?」という顔をする。日本語はほとんどできないらしい。20代半ばの中国人女性は少しは日本が通じるようだったけど、なぜかやっぱり「ニラレバ炒め」が通じない。

小姑娘たちと何度か「ニラレバ」「?」のやりとりを繰り返していると、厨房の40代中国人調理人がやっとわかってくれた。

この店は、炒め物担当調理人と麺担当調理人の2人の男性中国人が調理を担当していて、炒め物担当が大忙しで料理を作っていた。店先からドンドンと麺を打ち付ける大きな音も聞こえる。10人前ほどの料理を作っている最中なのだった。

しばらくして、ジャンパー姿の中年中国人客が現れ、お客の半分以上は中国人になっていた。

10分ほどで料理が登場。

Fニラレバー炒め定食500円@北京

ニラレバ炒めはモヤシがたっぷり入っていたけど、レバーもたくさん入っていた。油通ししたレバーは、程よい加熱で少しだけサクサクとした歯ざわりも楽しい。ケシ粒くらいに細かく刻んだ生姜の香りが爽やかでとても美味しい。

ワカメと玉子のスープはごま油の香りが芳しくて嬉しいし、キャベツの浅漬とザーサイのラー油和えも美味しい。

濃い目の味付けだったので、若い方のホール係にご飯を「半分で」とお願いしたけど、普通の分量だった。「半分」という日本語も通じないらしい。

これでワンコインというのは、本当に素晴らしい


◆希望支払金額:750円(ワンコインとは信じられない量と味)
◆費用対効果度:150%(750円/500円)

中国料理 北京
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 ジャストビル1F


Googleマップ大きな地図で見る

レバニラ炒め定食@四川料理 天府舫(テンフファン)

新宿大ガードから小滝橋通りを北上していると、見慣れない店の看板を発見した。右折して路地に入り、「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」や「味噌屋八郎商店 新宿店」を左手に見て、「インド料理レストラン HATTI(ハッティ)」の向かい側に「四川料理 天府舫(テンフファン)」という店がオープンしていた。

天府舫(テンフファン)

この場所には、以前は「中国料理 紅龍」があったはず。決して不味くはないけど美味しくはない、チャイナドレスだけが記憶に残る店だったけど閉店したらしい。

入口横の看板に手書きで聞き捨てならない(読み捨てならない)ことが書いてあった。

水餃子食べ放題@天府舫(テンフファン)

水餃子が食べ放題? これは、入らないわけにはいかない。

ランチメニュー@天府舫(テンフファン)

週替わりのランチ定食は、黒胡椒鶏肉炒め・レバニラ炒め・ショウガ焼肉・八宝菜・マーボー豆腐の5種類。

狭い店内はほぼ満席で、作業服姿の30代男性と相席になった。

「レバニラ炒め(800円)」を注文し、店の中央にある水餃子を取りに行く。ピラミッド型の珍しい形の水餃子が30個ほど大皿に載っていた。

ラー油と黒酢をかけて食べると、皮がモチモチして美味しい。中身はニラとネギ。だから、断面は緑色のニラ餃子だ。皮がほんとうに美味しい。

4~5分で料理が供された。と同時に、水餃子をお代わりした。煮玉子もあった。水餃子は食べ放題らしいけど、煮玉子は1個なら大丈夫だろう。

レバニラ炒め定食800円@天府舫(テンフファン)

名前のとおりにレバとニラがたっぷりだった。レバはプリプリと新鮮で、濃い味付けにご飯がすすむ。

スープはトマトの酸味が効いていて美味しい。モヤシとニンジンを茹でて薄味のタレを和えたサラダも美味しい。

水餃子を合計で6個、煮玉子を1個食べたので満腹。

隣のテーブルの3人組の1人の若い女性は、水餃子を食べ残して煮玉子には手をつけていなかった。食べ放題となると自分の限界を知らずに取りすぎるおバカが悲しい

会計時にいつオープンしたのか尋ねると、先週の月曜(2011年7月11日)ということだった。「ウチは四川料理の店なのでマーボー豆腐を食べてください」と店長が言う。

次回は、マーボー豆腐を食べよう。


◆希望支払金額:800円(水餃子が食べ放題だもの)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

四川料理 天府舫(テンフファン)
東京都新宿区西新宿7-4-9




■四川料理 天府舫(テンフファン)
汁なしタンタンメン
四川チャーハンセット
マーボー豆腐定食



ニラレバ炒め定食@ラーメン王

最近、歌舞伎町では裏DVD売りが増えている。歌舞伎町の真ん中あたりを歩いていると、以前は、目付きの悪いお兄さんがぼそっと「DVD」と声を掛けていたけど、最近はごく普通のお兄さんやおじさんが明るく「DVDいかがですか?」と声を掛けるようになった。

そんな裏DVD売りがたくさん立っている路地にある「ラーメン王」へ。レバーを食べて、暑さに負けないスタミナをつけなくちゃ。

ラーメン王201106

店内はほぼ満席で、かろうじて空いていた席に相席させてもらった。

いつものように「ニラレバ炒め定食(850円、ランチタイムは100円引き)を注文。

先客のうち6人にはまだ料理が供されていないけど、厨房では60代のオヤジ2人がガシャガシャと猛烈な勢いで中華鍋を煽っているので、それほどまたずに料理は出てくるはず。

と新書を読みながら待っていると、6~7分の間に卵エビチリソースがけ定食2人、しょうが焼き定食1人、冷やし中華セットごまだれ1人、タンメンセット1人、チャーハン1人と5種類の料理が次々に料理が完成して先客に配られた。いつものように手際が素晴らしいなあ。

で、すぐに私にも料理が供された。

ニラレバ炒め定食750円@ラーメン王201106

しまった、「ご飯を少なめに」を言い忘れた。少し固めに炊かれたこの店のご飯は美味しいけど、7~8分くらいで充分だからだ。

シャキシャキに炒められたニラレバ炒めは、モヤシ・キャベツ・ニンジン・タマネギ・ニラ・キクラゲに、血抜きして片栗粉で衣を付けたレバ5~6片が入っている。いつものようにややあっさりしていて旨みが強い

ギョーザの皮は自家製だろうか。一般的な皮の2~3倍の厚みがある。


◆希望支払金額:750円(1~2か月に1度は食べたくなる味)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

ラーメン王
東京都新宿区歌舞伎町1-15-12 大河原ビル




野菜レバー炒め(無料ラーメン付き)@玉蘭

【新宿ワンコインランチ・500円】(その82)

新宿区役所の裏通りを歩いていると、ワンコインランチを発見した。

ランチメニュー@玉蘭

この「玉蘭」にはだいぶ前に入ったことがあるけど、この店もワンコインランチを始めたらしい。

玉蘭201106

店頭にはダンボール箱が積み上げられていて、店内もあいかわらず薄汚い。

中年女性の中国人女性に「2.野菜レバー炒め無料ラーメン付き(500円)」を注文。

この女性の声が店内にうるさく響き渡る。厨房にオーダーを伝えるとき、箸袋に割り箸を入れている老人男性(父親?)に話しかけるとき、電話注文の受け答え、すべてに怒号のような中国語で話すので、耳がキンキンする。

しかも、極端に気が短い性格らしく、相手が聞き返そうものなら、最初の何倍かの大声で怒鳴りまくる。

注文の電話が入って、相手が名乗ったとたんに「麻婆豆腐ですね!」と決めつけたりしている。まるで狂犬のような性格だ。

7~8分で料理が到着。

野菜レバー炒め500円@玉蘭

スープ代わりのラーメンの量が多い。野菜レバー炒めは、その名の通りに大量の野菜(タマネギ・モヤシ・キャベツ・ニンジン・ニラの順の分量)を炒めた中に、レバが4切れ入っていた。

野菜のザクザクとした歯応えが楽しい。レバーの味と風味が薄かったのは血抜きをしすぎたためだろうか。ちょっと甘めの味付けで、化学調味料もたっぷり入っているようだ。

ラーメンは、昔懐かしい中細麺の縮れ麺でしっかりコシがある。スープは、これもやや甘味があって濃い味付け。スープをごくごく飲むと、表面の脂が口と喉をまろやかに覆った。


◆希望支払金額:700円(野菜レバ炒めとラーメンがたった500円とは……)
◆費用対効果度:140%(700円/500円)

北京料理 玉蘭

東京都新宿区歌舞伎町1-8-2 FCCビル1F


ニラレバ炒め定食@ラーメン王

311東日本大震災で被害に合われた方々に十分な生活物資が一刻も早く届くことを望みます。放射線被曝の危険を省みず、原発事故に立ち向かっている方々には本当に感謝します。震災と津波で命を失われた数多く方々のご冥福をお祈りします。

レバーを食べるため、新宿区役所裏の「ラーメン王」へ。

ラーメン王201103

この店は12時過ぎはいつも混んでいる。外にも2人が並んでいたので、辺りを一回りしてきたらようやく入店できた。相席だったけど。

いつものように「ニラレバ炒め定食(850円だけどランチは100円引きの750円)」を注文すると、まだ10人ほどが料理を待っている状態だった。12時15分で2回転目ということらしい。相変わらず人気店だなあ。

いつもよりはちょっと時間がかかって15分ほどでようやく料理が登場。

ニラレバ炒め定食750円@ラーメン王201103

山盛りのニラレバ炒めにどんぶり飯、大きめの餃子が3個、そして白菜の漬物がセットになっている。レバーは少し火が入りすぎて固い。でも、モヤシ・ニラ・キャベツなどさまざまな野菜を摂れるのが嬉しい。

隣のテーブルに座った60代のオヤジの携帯電話が何度も鳴って、そのたびにオヤジは「うっせーなー!」と大声を出して、1~2分大声で応答している。うっせーのは、オメーだよ。


◆希望支払金額:750円(どこにでもある駅前の中華屋の味。)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

ラーメン王
東京都新宿区歌舞伎町1-15-12 大河原ビル




レバニラ炒め+エビチリソース炒め@楽亭

新宿大ガードから小滝橋通りの西側(左側)を大久保方面に向かって北上し、150メートルほど先を左折し、先日唐揚げ丼を食べた「からあげバル ハイカラ」の隣にある「中国家庭料理 楽亭」へ。

楽亭201102

店頭には、さまざまなランチのメニューを書いた看板が立てかけている。

メニュー2@楽亭201102  メニュー1@楽亭201102

4人がけテーブル3つに、2人がけテーブル1、6人がけテーブルで20席の店内は、ほぼ満席だった。6人がけテーブルに相席させてもらう。

2つの料理が楽しめるランチから「レバニラ炒め+エビチリソース炒め(750円)」を注文する。さまざまな種類の麺と半チャーハンのセットを注文しているお客が多い。

厨房では、中国人らしい中年男性と若い女性が懸命に調理している。次から次に料理が出来上がり、食事を終えたお客が出ていくと新しいお客が入ってくる。この店は、すごい人気店だった。

7~8分で料理が到着。

レバニラ炒め+海老チリソース炒め750円@楽亭201102

、なんか違う。エビチリのエビが白い。これはエビチリソース炒めではなく、素揚げエビのチリソースがけだった。片栗粉をつけて油通ししたエビに、トマトケチャップに砂糖とお酢、片栗粉、ネギを加えたソースをかけたものだった。エビの食感がプリプリしていないのは、どういう理由からだろう。不味くはないけど、美味しくはない。

だいいち違う料理だもの。

レバニラ炒めは、ごく普通のレバニラ炒めなので美味しい。
惜しいなあ


◆希望支払金額:750円(エビが美味しかったら100円プラスだったけど)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

中国家庭料理 楽亭

東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザビジネス清田ビル1F



ニラレバ炒め定食@ラーメン王

レバーを食べたくなったので、新宿区役所裏の「ラーメン王」へ。

ラーメン王201101

この店は、人気の店なので12時過ぎには満席のこともある。ちょうど2組の2人連れが店を出るところだったので安心して入店したら、いま出た4人分の席しか空いていなかった。やっぱり人気店だなあ。

いつものように「ニラレバ炒め定食(850円だけどランチは100円引きの750円)を注文すると、5分ほどで料理が登場。

隣のテーブルには「議長」と呼ばれる老人と、中年2人・青年1人が座った。新宿区議会議長自由民主党議員たちらしい。この店は新宿区役所のすぐ裏なので、区役所職員が多いのは知っていたけど、議員も来るらしい。

ニラレバ炒め定食750円@ラーメン王201101

たっぷりのニラレバ炒めと山盛りどんぶり飯に大きめの餃子が3個ついている。餃子はアンがぎっしりと詰まっていて食べ応えがある。

化学調味料を使ったごく普通のラーメン屋の味だけど、この場所でこの値段ならば立派だと思う。


◆希望支払金額:850円(ランチ以外はこの値段)
◆費用対効果度:113.3%(850円/750円)

ラーメン王
東京都新宿区歌舞伎町1-15-12 大河原ビル




ニラレバ炒め定食@ラーメン王

久しぶりにレバーを食べるため「ラーメン王」へ。

ラーメン王201011

12時直後だと入れないこともあるほどの人気店なので、ちょっとずらして12時半近くに入店すると空いていた。

いつものように「ニラレバ炒め定食(850円だけどランチは100円引きの750円)」を注文すると、5分ほどで料理が登場。注文したときには先客3人分の料理を作っている最中だったから、レバニラ炒めは2~3分で作ったことになる。

ニラレバ炒め定食750円@ラーメン王201011

たっぷりのニラレバ炒めに大きめの餃子が3個ついている。餃子はアンがぎっしりと詰まっていて食べ応えがある。

かつては都内のどの駅前にもあった「○○軒」といった名前のラーメン店でよく出されていたレバニラ炒めや餃子と同じで、化学調味料をたっぷり使った味。


◆希望支払金額:750円(B級だけど満足できる料理)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

ラーメン王
東京都新宿区歌舞伎町1-15-12 大河原ビル




レバニラセット@香香(しゃんしゃん)中華楼 → 閉店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その45)


西武新宿駅北口を出てすぐのところにある「香香(しゃんしゃん)中華楼」へ。

定食メニューにレバニラ炒めがあったので、レバを食べに来たのだ。

香香中華楼201009

1階の大きな行灯看板の前で、マイケル・ホイに似た40代の男性が380円の中華弁当を販売していた。香港映画「ミスターブー」で主演と監督を務めたあのマイケル・ホイに似ている。

2階の店内に入るとお客は誰もいなくて、30代の調理人が新聞を読んでいた。

ランチメニューから「Bセット レバニラセット(580円)」を注文すると、すぐに厨房からはシャカシャカと中華鍋で炒める音が聞こえてきた。

マイケル・ホイが上がってきた。弁当は売り切れたらしい。

4~5分で料理が登場。

ニラレバー炒め定食500円@香香中華楼

薄く切ったレバーは下ごしらえがしっかり済んでいて、生臭さは全くない。匂い消しのショウガとニンニクが効いている。たっぷり入ったニラはほとんどの状態で、シャキシャキの歯ごたえが楽しく辛味が残っていた。決して上品な味付けではないけど、ニラレバという雑駁な料理にはぴったりの合わせ調味料が美味しい。

小皿にザーサイと紅ショウガが載っている。真っ赤な紅ショウガが目立つのでとても気になる。なぜ紅ショウガなのだろうか。

食べ終わってお金を払おうとすると、マイケル・ホイ「レバニラは500円です」という。ランチタイムは80円値下げしたらしい。

1階路上の黒板を確認すると、やっぱり値下げしていた。

メニュー@香香中華楼

安くて美味しい店なのに、かなり苦戦しているらしい。


◆希望支払金額:700円(500円は安すぎる)
◆費用対効果度:140%(700円/500円)

香香(しゃんしゃん)中華楼 ※残念ながら2010年12月で閉店したようです。
東京都新宿区歌舞伎町1-28-2 第二鈴鹿ビル2F



ニラレバ炒め定食@ラーメン王

久しぶりにニラレバ炒めを食べたくなって「ラーメン王」へ。

この店の周辺は裏DVD売りの勧誘が以前より多くなった。「DVD」とささやくオヤジたちを避けて店内に入る。

ラーメン王201006

いつものように「ニラレバ炒め定食(750円)」を注文。何度も書いているけど、この店は11:30~15:00はランチサービスで、定食類が100円引きになる。本来は850円のニラレバ炒めも100円引きの750円と嬉しい価格。

5~6分ほどで料理が到着。

ニラレバ炒め定食750円@ラーメン王201006

どれといって格別おいしいわけではないけど、量はたっぷりで味も昔ながらのラーメン屋の味。だから、この店はオヤジ度が高い。でも、隣りに座った北京語を話すカップルはこのあたりで働いているらしく、常連のようだった。中国人も納得の味ということだろうか。

餃子が3個ついているのも嬉しい。


◆希望支払金額:750円(B級の王道を行くような料理)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

ラーメン王
東京都新宿区歌舞伎町1-15-12 大河原ビル




« 新しい記事に行く  | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。