TOP > 洋食

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステーキランチ@トロケ(TROQUET)

新宿1丁目の「トロケ(TROQUET)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、右へ新宿方面に90メートルほど歩き、「Kinko's」の角を右折して60メートルほど進んで居酒屋の「ふるさわ」と「うま久」の間を左折すると、10メートルほど先の右側に店はある。

この店は、なぜかランチを不定期に休むことがある。

トロケ

店頭でお弁当販売をしていて、行列になるほどの人気だ。

ランチメニュー@トロケ

ランチは、「ステーキランチ」と数種類のパスタを出している。

ステーキはフランスの国民食といわれていて、一般的なフランス人の家では週に2~3度は食べているらしい。

カウンター9席、2人がけテーブル2卓の店内はほぼ満席だった。

カウンター席に座って「ステーキランチ(980円)」を注文した。

奥の厨房では50代の店主が調理し、40代の男女がホールを担当しているけど、女性は面白くないことでもあったのかずっと不機嫌な顔で、お客にニコリともしないのだった。

5分ほどでスープが供された。

スープ@トロケ

わかめスープは、コンソメの味が濃くて美味しかった。

さらに5分ほどで料理が供された。

ステーキランチ980円@トロケ

赤身の肉は、長さ16~17センチ幅5センチ厚さ1センチほどで、赤い肉汁が溢れ出ている。刻みネギのソースで食べると、カリカリに焼かれた表面とレアな中身の食感の違いが楽しく、ちょっと筋張っていて固いけど、野趣あふれる香りもあって美味しい。

固めに炊かれたご飯も美味しかった。

不機嫌な顔の女性スタッフは、お弁当を次々に作って補充していた。


◆希望支払金額:980円(肉をガッツリ食べた)
◆費用対効果度:100%(980円/980円)

トロケ(TROQUET)
東京都新宿区新宿1-16-16



Googleマップの大きな地図で見る



チキンカツ&生姜焼定食@弥助

【新宿ワンコインランチ・500円】(その138)


先日、美味しい焼き魚を食べた「三ちゃん」に行く途中に見つけた「弥助」へ。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅の1番出口を出て左に四谷方面に300メートルほど歩き、左折して路地に入ると20メートルほど先に店はある。

弥助

店内はカウンター5席、4人がけテーブル1卓の狭い店で、外に「テラス席」があって4人がけテーブルが1卓ある。

ワンコインランチメニュー@弥助

この店は、ほとんどすべての定食に生姜焼が付く変わったメニューになっている。

今日の日替わりは、「イナダの刺身&生姜焼」「さんま開き&生姜焼」が600円、「メンチカツカレー」と「チキンカツカレー」が500円だった。

カウンター席に座って「チキンカツ&生姜焼定食(500円)」を注文すると、3~4分で料理が供された。

チキンカツ&しょうが焼き定食500円@弥助

バリバリと衣の固いチキンカツは、揚げてから時間が経っていてほんのり温かい。合わせ調味料で甘めに味付けした生姜焼は、白髪の親父がずっと炒めていて熱々だった。

今日の味噌汁はとん汁。ニンジン・ダイコン・ごぼうが柔らかくなるまで煮込まれていて、野菜から出た甘味が美味しかった。


◆希望支払金額:500円(安くてボリュームがある)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)

弥助
東京都新宿区三栄町18


Googleマップの大きな地図で見る

ビフテキランチ@山海楽酒 およよ 西新宿店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その132)


5月半ばに、このブログにコメントや貴重な情報を寄せていただいている「ぼんぼんさん」から、ワンコインのステーキランチがあるという情報をいただいた。

11時すぎに新宿駅にいたので、その「宿題」を解決するため、西新宿8丁目にある「山海楽酒 およよ 西新宿店」へ。

東京メトロ丸ノ内線西新宿駅の1番出口を出て、そのまま西に30メートルほど進んでファミリーレストランの「ジョナサン」の手前を右折して路地に入ると、40メートル先の右側に店はある。JR新宿駅から1キロ未満なので、暑くない日に頑張れば10分程度で歩いても行ける。

およよ

人気の行列店なので、開店時刻の11時半に店に着くとすでに3人の先客がいた。

ランチは「ビフテキランチ(500円)」だけなので、店内のカウンターで500円を払うと、お盆にサラダを置いてくれた。すぐに鉄板で肉を焼き始める。40代の男性スタッフが20代の男性スタッフに焼き方を教えていたけど、まだ不慣れで手際が悪い。

ランチは行列店なのだから、開店直後に数人分くらいは焼き始めていても良さそうだけど、お客の顔を見てから焼き始めるのが方針らしい。焼き方を注文できるようにしているのだ。

大きなジャーから大きな椀にご飯を盛り、ほとんど具のないスープをお椀に張って待っていると、あっという間に20人ほどの行列ができていた。ご飯とスープは食べ放題らしい。

4~5分で焼いたステーキを包丁でカットしてスパゲティに載せ、おろしタマネギのソースを掛けてくれた。

この店は元々が立ち呑み店なので、40センチ角のテーブルを3つ合わせた島が2つあって、料理を受け取ったお客は立ったままステーキを食べることになる。

ビフテキランチ500円2@およよ

長さ12センチ幅7センチ厚さ6~7ミリほどの筋張った赤肉は150gもあるらしい。ホルスタインの廃牛ではなく、オーストラリアあたりからの輸入物だろう。でも、変な臭みや味はなくてちゃんと牛肉の味がする。ニンニク風味で醤油ベースのおろし玉ねぎソースも美味しい。

ワンコインランチだから材料費は150円程度だろう。それにしては本当に素晴らしい。噛み応えのある肉で、「肉食った」という満足感を味わうことができた。

サラダは、レタス1枚分程度で、ご飯とスープは普通だけど何の不満もない。ワンコインだもの。

ぼんぼんさん、素晴らしい情報をありがとう!


◆希望支払金額:700円(素晴らしいとか言いようがない!)
◆費用対効果度:140%(700円/500円)

山海楽酒 およよ 西新宿店
東京都新宿区西新宿8-5-8 正和ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る



マルゲリータ@ピッツェリアバール ロマーナ (Pizzeria Bar Romana)

新宿御苑の近くにあるピッツァ専門店の「ピッツェリアバール ロマーナ (Pizzeria Bar Romana)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て新宿通りを渡り、セルフうどんチェーンの「丸亀製麺」とインドカレーの「ターリー屋」の間の道を進んで突き当りを右折して、新宿御苑に沿った道路を100メートルほど新宿方面に歩いた右手に店はある。

Romana.jpg

店頭にテーブルが出ていて、ガラス張りの店内にはカウンター席が見える。

ランチメニュー@romana

ランチは、ピッツァとパニーニ、インサラタを提供している。

テラステーブルに女性2人組がいて、カウンター12席、4人がけテーブル1卓の店内には、2組の女性2人組がいた。

「マルゲリータ(850円)」をサラダ・エスプレッソで注文した。この店のランチセットは、サラダ・スープ、紅茶・エスプレッソを選ぶようになっている。

5分ほどでサラダが供された。葉っぱがたくさんで嬉しい。

サラダ@romana

2~3分でピッツァが供された。

マルゲリータ850円@Romana

どが~ん! 直径35センチほどの巨大なピッツァだった。

ローマ風にこだわっている」ということだけど、柔らかい生地はナポリ風ほどじゃないけど厚みがあってフカフカ・モチモチしている。刺激の少ないトマトソースと伸びないチーズで、ローマ風というよりも昔風のピッツァみたい。宅配ピザに似ていなくもない。

郷愁を呼ぶような安心感のあるピッツァとでも言おうか。

しっかりローストされた豆を使ったエスプレッソは、苦すぎずに甘味があってとても美味しい。


◆希望支払金額:850円(昔懐かしいピッツァ)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

ピッツェリアバール ロマーナ (Pizzeria Bar Romana)
東京都新宿区新宿1-5-6 156御苑ビル


Googleマップの大きな地図で見る



日替りハンバーグ丼セット@サロンドカフェ フラワーフィールド (salon de cafe flower field)

小雨のぱらつく中を新宿1丁目の「サロンドカフェ フラワーフィールド (salon de cafe flower field)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートルほど歩いてドラッグストアを左折する。そのまま新宿通りと靖国通りを結ぶ通りを230メートルほど歩いた右側に店はある。

以前、生姜焼き定食を食べた喫茶店の「ドム」とスパゲティを食べた「アローズクラブ」の間にあって、道を挟んで「ドトールコーヒーショップ」があるので、なぜかここにカフェが4店舗も集中している。

salon de cafe

ランチは、ベーグルと自家製カボチャカレー、日替りハンバーグ丼の3種類。

メニュー@salon de cafe

この店は前金制なので、「日替りハンバーグ丼セット(980円)」を注文すると、「ソースは、トマト・きんぴら・ドミグラス・マスタードの4種類から選べます」と言われた。食べたことがないキンピラ・ソースでお願いした。

テーブルに座って待っていると、5分ほどで料理が供された。

日替りハンバーグ丼セット980円@salon de cafe

刻んだ水菜に載った大きなハンバーグには、トロミを付けた濃い醤油味のキンピラゴボウ・ソースがかかっていた。

鶏肉を使っているため、かハンバーグの断面は白い。細かく刻んだ椎茸の醤油煮が入っていて、ジューシーさのないボソボソした食感も加味されて、なんだか鶏しんじょがんもどきっぽい感じがする。

コンソメスープはかなり塩っぱい。大根サラダは普通の味。

全体的に家庭的な味。

コーヒーは、焙煎が強いフルシティローストで、香りは少ないけど苦味があって美味しい。

ハンバーグ丼は単品で500円、スープ・サラダ・コーヒーのセットが480円は割高に思える。

ワンコインランチにすれば良かった。


◆希望支払金額:800円(ボリュームはたっぷりだけど)
◆費用対効果度:81.6%(800円/980円)

サロンドカフェ フラワーフィールド (salon de cafe flower field)
東京都新宿区新宿1-30-9 新宿第14ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る





貝柱とブロッコリーのチーズトマトリゾット@ARMWOOD COTTAGE (アームウッド コテージ)

新宿1丁目の「ARMWOOD COTTAGE(アームウッド コテージ)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを左へ四谷方面に150メートル行った右側の2階に店はある。1階部分は、近くにあるニッポンレンタカーの駐車場となっている。

ARMWOOD COTTAGE

店の前の歩道には、いつもランチメニューを書いた看板が置いてある。

ランチメニュー@ARMWOOD COTTAGE

プレートランチとパスタが日替りで、メキシカンタコライスが最近の定番。

階段を上って店内に入ると、カウンター2席、2人がけテーブル6卓、3人がけテーブル1卓、4人がけテーブル1卓の店内に先客は女性客4人だけだった。

テーブル席に案内され、レモン風味の水を運んできた若い女性スタッフに「貝柱とブロッコリーのチーズトマトリゾット(850円)」を注文した。

すると次から次に女性客が訪れ、あっという間に席の半分以上が埋まった。女性に人気の店らしい。

洋楽ロックのBGMが大音量なので、女性たちが大声で話し合うことになり、とても新書を読めるような状態ではなかった。

10分ほどで料理が供された。

貝柱とブロッコリーのチーズトマトリゾット850円@ARMWOOD COTTAGE

小柱がたくさん入ったリゾットはアルデンテではないので、米からではなくご飯から作ったらしい。ちょっと惜しいけど、そこそこ美味しい。でも、これではご飯としては食べられないし、ほかの料理に使えないだろう。どういうことなのか。

チーズがリゾット全体に溶け込んでいて、スプーンで持ち上げるとチーズが糸状に伸びる。

小鉢は、細切りジャガイモ炒め。サラダにはワサビ風味で濃い味のドレッシングがかかっていた。

お会計のときに、厨房でリゾットを作っているのが見えた。冷蔵庫から出したビニル袋入りのご飯を炒めていた。冷蔵してご飯を固くしているんだね。


◆希望支払金額:850円(女性に人気の店に外れなし)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

ARMWOOD COTTAGE(アームウッド コテージ)
東京都新宿区新宿1-10-5 2F


Googleマップの大きな地図で見る




タケノコとベーコンのスパゲティ@アローズクラブ (AROOWS CLUB)

新宿1丁目の「アローズクラブ (AROOWS CLUB)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートルほど歩いてドラッグストアを左折する。そのまま新宿通りと靖国通りを結ぶ通りを220メートルほど歩いた右側に店はある。

ARROWS CLUB

ランチは、3種類のスパゲティとプラス1品のプレートを提供している。スープ・サラダ・ドリンクのセットはプラス150円。

ランチメニュー@ARROWS CLUB

650円のスパゲティはこの辺りでは安く感じるが、セットは800円になるので普通の値段だ。

カウンター5席、テーブル20席以上の店内は、半分ほどの入りだった。

ヒゲの店主らしき50代男性に、カウンター席を指示されて座り、「タケノコとベーコンのスパゲティのセット(650円+150円=800円)」を注文すると、「大盛りにできますが……」と言われた。セットを注文した場合には大盛り無料なのだ。脊椎反射のように「お願いします」と答えたけど、そもそもこの店の普通盛りを知らない。

50代女性が、カーテンで仕切られた厨房を出入りしているけど、厨房にはもう1人がいて調理しているようだった。

10分ほどでまずスープとサラダが供された。

セットのサラダとスープ@ARROWS CLUB

チキンブイヨンの味が強いスープには、細かく刻んだニンジンとタマネギが入っていた。

さらに3分ほどで、50代男性の調理人が厨房から料理を運んできた。

タケノコとベーコンのスパゲティセット800円@ARROWS CLUB

フェデリーニ(1.4mm)くらいの細いパスタで、タケノコとベーコンがたくさん入っていた。大盛をお願いしたので、かなりの分量になっている。200gくらいはありそうだ。固茹でだけど、あまりコシはない

最初は感じなかったけど、途中からブラックペッパーの辛さが舌を刺激して頭頂部にうっすらと汗をかいた。十分に美味しんだけど、何か物足りない。味付けが塩だけなのでアミノ酸の旨味が足りないのだった。このスパゲティには粉チーズをたっぷりかけて食べたい。

食後は、カウンター下のポットから濃い目のコーヒーが供された。


◆希望支払金額:800円(タケノコとベーコンがたっぷり入ったパスタ)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

アローズクラブ (AROOWS CLUB)
東京都新宿区新宿1-30-8 柏木ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る



キスフライとデミチキンカツ@洋食 KOBAYA

靖国通りに近い「洋食 KOBAYA」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートルほど歩いてドラッグストアを左折する。そのまま新宿通りと靖国通りを結ぶ通りを300メートルほど歩いて、靖国通りを渡り、狭い路地に入って30メートル先の右側に店はある。

洋食 KOBAYA

メニューを見ると、揚げ物が中心の洋食屋だ。

メニュー@洋食 KOBAYA

日替りで「本日のランチ」を780円で提供している。

本日のランチ@洋食 KOBAYA

入り口近くにカウンター7席、厨房に面したカウンター6席の狭い店は、ほぼ満席だった。かろうじて空いていた入り口右のカウンター席に座り、本日のランチ「キスフライとデミチキンカツ(780円)」を注文した。

先客の料理が次々に供されるが、なかなか自分の分が来ない。結局、20分近く待ってようやく料理が供された。

キスフライとデミチキンカツ780円@洋食 KOBAYA

キスフライ2枚と長さ11~12センチ幅6~7センチのデミチキンカツは、粗めのパン粉がついてた。

チキンカツは、下味加減が抜群でジューシーだった。ひと口噛むたびに肉汁が口に溢れる。ドミグラスソースも十分に美味しいけど、そのままでも美味しかった。

キスフライは普通だけど、タルタルソースが美味しい。

人気店なのはちゃんとした美味しい料理を出しているからなのだった。


◆希望支払金額:780円(チキンカツがとても美味しい)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

洋食 KOBAYA
東京都新宿区富久町16-14


Googleマップの大きな地図で見る




照り焼きチキン@ステーキハウス 鉄板牧場 新宿店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その118)


靖国通りと外苑西通りの交差点にある「ステーキハウス 鉄板牧場 新宿店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートル進みドラッグストアの角を左折し、200メートルほど進んで右折し花園通りを100メートル進む。新宿区立花園小学校の玄関の手前で左折して150メートルほど進むと靖国通りに突き当たるので右折して曙橋方面に50メートルほど進み、外苑西通りとの交差点の角に店はある。

ステーキハウス鉄板牧場

店内は、6人がけテーブル1卓、4人がけテーブル6卓、カウンター11席と意外に広い。

入口の右側に券売機があるけど、店の内側を向いて設置されているのでわかりにくい。カウンター席に座ろうとすると、拙い日本語の女性スタッフに「券売機をご利用ください」と教えられた。

この店に来たのはワンコインランチがあると教えられたから。券売機を見ると、「照り焼きチキン(500円)」があったので1000円札を投入した。チャリンと500円硬貨が落ちてきて、女性スタッフが屈んで取り出し口の左端にボールペンを刺してチケットを抜き取った。券売機が壊れていてチケットが出てこないらしい。

カウンター席に座ると、すぐに水とコンソメスープが供された。

ソース類@ステーキハウス鉄板牧場

この店は、調味料が豊富だ。ステーキソース・オニオンソース・オリジナルソース・ワサビふりかけ・ガーリックフレーク・胡椒・塩・ハバネロソース(マリー・シュナイプス製)と好みに合わせて味付けできるようになっている。私が頼んだのはワンコインの照り焼きチキンだからあまり関係ないけど。

7~8分で猛烈な蒸気を上げながら料理が供された。

照り焼きチキン500円@ステーキハウス鉄板牧場

鉄板が厚いのかいつまでたってもジュージューと蒸気を上げている。

70~80gほどの鶏胸肉が、分厚く切ったタマネギに載っていて、付け合せはフライドポテトとモヤシ・インゲン。

照り焼きチキン部分@ステーキハウス鉄板牧場

鶏肉はブロイラー特有の薬品臭がして美味しくなかった。特に皮が臭い。

お代わり自由だというご飯も美味しくない

ワンコインだものこんなものかと諦めつつ食べたけど、先日食べた肉屋の正直な食堂」のワンコイン定食に比べるとかなりレベルが低い。


◆希望支払金額:500円(美味しくないけどワンコインだからしょうがないか)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)


ステーキハウス 鉄板牧場 新宿店
東京都新宿区新宿1-26-9 ビリーブ新宿


Googleマップの大きな地図で見る


アラビアータ+サラダセット@Cafe La Boheme(カフェ ラ・ボエム 新宿御苑)

新宿御苑の大木戸門の近くにある「Cafe La Boheme(カフェ ラ・ボエム 新宿御苑)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て新宿通りを渡り、四谷方面に100メートルほど進み、2012年2月にオープンした新しいカフェ「CAFE NIGAO」を右折して50メートルほど歩いた右側の角に店はある。

Cafe La Boheme

先日までワンコインランチがあったけど、いつの間にか止めたらしい。

ランチメニュー@Cafe La Boheme

ランチは、スパゲティが8種類ですべてにフリードリンクが付く。サラダセット(150円)とデザートセット(350円)のセットメニューを注文すると、食前酒も付く。

店内は、吹き抜けの高い天井で1階だけで100席ほどと広い。実は、この店の前を通るたびにガラス越しに女性客ばかりが目立っていたので、女性客ばかりの店かと敬遠していたけど、店の奥側には男性客がたくさん入っていた。ワンコインランチを実施中に来ればよかった。店はほぼ満席だった。

中央のテーブル席に案内され、「アラビアータ+サラダセット(750円)」を注文した。

フリードリンクは、アイスコーヒー・アイスティ・ホットコーヒー・アイスウーロン茶・ジャスミンティ・ティーバッグ入りのハーブティなど。

この店の厨房は2階にあって、料理が出来上がるとそのたびに男性スタッフがまっすぐ伸びた長い階段を運び降ろしてくる。彼が「◯テーブル、※▲÷$!」と叫び、4人のホール係の女性たちが「イェーイ」と返答するけど、テーブルの番号以外は聞き取れない。「イェーイ」と応えた女性スタッフも、必ずお盆の注文票を見てから運んでいるので「※▲÷$!」は、単なる「出来たよ!」という意味なのだろう。

料理を待つ間に、アイスウーロン茶とタマネギとキノコのスープを飲んだ。

10分ほどでサラダが供された。

サラダセット@Cafe La Boheme

一瞬、ドレッシングがかかっていないのかと思ったけど、油を使わないドレッシングでなかなか美味しいサラダだった。

料理がなかなか出てこないので、スープとアイスウーロン茶をお代わりした。

結局、注文してから25分ほどかかってようやく料理が供された。

アラビアータ・サラダセット750円@Cafe La Boheme

乾いた鷹の爪が2本載ったアラビアータのスパゲティは、アルデンテよりも少しだけ柔らかく茹でられていて歯応えは悪くない。

最初はあまり辛さを感じなかったけど、かき混ぜると猛烈に辛い部分がある。よくよく観察すると、輪切りの唐辛子と一緒に唐辛子の種もたくさん入っていた。

食後には、ホットコーヒーを飲んだ。中深煎りの豆は並だけど、濃く淹れてあって嬉しい。


◆希望支払金額:750円(普通に美味しいスパゲティだった)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

Cafe La Boheme(カフェ ラ・ボエム 新宿御苑)
東京都新宿区新宿1-1-7 コスモ新宿御苑ビル1F・2F


Googleマップの大きな地図で見る


« 新しい記事に行く  | HOME |  古い記事に行く »









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。